2013年03月09日

SL-S700の誘惑


本日の持ち出し機種:PHILIPS AZ6840/00
本日の持ち出しCD :妖精帝國 gothic lolita agitator
本日の持ち出しHP :Etymotic Research ER-4S



みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。
今回はタイトルどおりの記事です。

20130309001.jpg

松下SL-S700。もう皆さんおなじみですね。説明不要の超薄型高音質機種で、度々言っていることですがSL-XPS900共々設計上の問題もある個性的な一台です。

私は色々ある機種の中でも特に松下SL-S300系の完成度の高さを非常に評価し気に入っているのですが、このSL-S700は300系の最上位機種であり、フラッグシップに恥じない素晴らしいデザイン・質感・音質等が魅力の一台です。

公式に1990年12月発売とありますから、もう22年以上前の機種になりますが、今なお薄型小型の上位に位置するところは設計の秀逸さを感じます。ただ小型薄型を追求するあまり(バネの異常な強さもありますが)外装が非常に壊れやすい点やガム電池駆動メインという点、さらに整備性が悪いなどの難点もあります。

外装の大きな破損は外での使用が制限されたり最悪屋内での使用も困難になる場合があるのでかなり痛いところです。
整備性の悪さは現在のように長い年月が経過してからのメンテナンス性に影響してきます。

しかしそれらマイナスポイントをもってしてもやはりSL-S700にしかない魅力に惹かれるわけで、PCDP好きの人ならやはり置物でもいいから一台は持っておきたいというところが本音でしょう。

20130309002.jpg


この通り非常に精悍な佇まいには溜息が出るばかりです。

小型標準品でも十分に素晴らしい音では有りますがMUSE F95を入れたものはやはり音に明らかな違いが感じられ、SL-S700のポテンシャルをより引き出すことが出来たのではないかと思います。

20130309003.jpg

他の松下機ではあまり見られない表面実装電解が数個あるところが厄介な点で、私の個体も漏液等によって若干基板が怪しいです。もう少し早く入手して整備に着手していればというところでしたが、仕方が無いですね。



スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
ポータブルCD紹介→http://www.sutafuya.net/pcdp/pcdp.html
松下公式→http://panasonic.jp/support/product/audio/SL-S700.html
タグ:Panasonic SL-S
posted by うきょうたかし at 01:39| Comment(4) | TrackBack(0) | PCDP

2013年02月24日

私の保守のパターン


本日の持ち出し機種:
本日の持ち出しCD :
本日の持ち出しHP :



みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。
最近は購入報告ブログ化していて、拙ブログが更にダメダメになっていますね。

ブログ設置時から実はPCDPや近況を紹介・報告しているようでしていないという事が現状で、まったく話題にはしていないですが多少の所有機種増加や多くの整備・修理を重ねていたりします。

そんなわけで今回は私の最近のPCDP保守について紹介したいと思います。


以前から親交の有るとある方に質問していただいたことで記事を書こうと思い立ったわけですが、大まかに言うと私のコンデンサ交換の選定等について。


これはPCDPに限らずパーツ交換等で遊んでいる方は皆さん様々なパターンで作業をされていて、例えばなるべくオリジナルと同じものでいくパターン、オリジナルでは物足りない・不味い部分を対策してブラッシュアップするパターン、適材適所でいいものを惜しみなく投入するパターン、などなどこうしたパターンをメインに色々な目的で整備・改造を行っているでしょう。

私は知識・技術とも拙い身ではありますが一応何かしらの目的をもって手を加えています。


最近は特に古い機種の保守ということが最重要項目であり、以前にも話題にしていますが、全部交換整備するかそれとも特定個体だけ残してあとは劣化の著しい部品を外して保管するかなど、いったいどうしたものかと考えていました。

それについてのベストアンサーはなかなか出ないものであり、どの方法を選択しても一長一短というところですが、とりあえず現時点では三台以上ある機種については以下のようなパターンをとることにしています。

○オリジナルになるべく近いコンデンサ選定で保存する個体
○音質対策・向上等を考えたコンデンサ選定で保存する個体
○電解コンデンサをすべて外して寝かせる個体

先の二つはいつでも使用できるものであり、最後のものは完全に保存用ですね。

このようにすればオリジナルに近い音をより長い間楽しめますし、自分の狙った(実力をより引き出した)音の個体も楽しめ、同時に長期間保管しながら適宜パーツ取りやまた新たな解釈の個体のベースになるものも温存できるわけですね。


こればっかりではありませんが、大体はこうした格好で保守していこうかなという流れです。


最近ではD-111に手を加えていますが、以下の記事にもあるとおり以前十分なパーツ選定で整備した個体があるので、今回は残りの所有2個体を片方はなるべくオリジナルに近いパーツ構成でリフレッシュして、もう片方は全ての電解コンを外して保管することにしました。

2011年09月30日記事「実力派の最下位機種SONY D-111」→http://pcdp.sblo.jp/article/48248368.html


スペースに余裕はありますが、5mm高標準品がメインのオリジナルになるべく近いパーツ選定です。

20130224001.jpg


聴き比べをしてみて改めて感じたことはこのようにちょっとコンデンサを変えるだけで音がすぐに変化するおもしろさと、それぞれ目的をもったコンデンサ選定であり狙ったような音質傾向になったことですが、それ以上に松下のコンデンサは音が良いナァ・・・と。

松下KS黒スリーブは5mm高標準品ではありますが、非常に歯切れの良いサウンドはディスクマンからER-4などにつなぐ場合に本当にうまいこと合ってくるもので、東信UTSJとルビコンBlackGateを投入した個体に比べてもあるいはこっちのほうがバランスが良くまた好みであるかもしれない、など松下コンデンサの実力を再認識することになりました。


今回はこうした一例ですが、他にも多くの機種で多くのパターンを試すことが出来ると思います。私の場合はただポン付けする程度のことしか出来ないため毎度かわりばえのしないものではありますが、私は十分満足に楽しむことが出来ているのでこれでよしとしています。


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
ポータブルCD紹介→http://www.sutafuya.net/pcdp/pcdp.html
SONY D-111紹介→http://www.sutafuya.net/pcdp/d111.html
タグ:SL-S Discman
posted by うきょうたかし at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | PCDP

2013年02月17日

SMSLの格安DAC SD-192を購入して遊ぶ


本日の持ち出し機種:
本日の持ち出しCD :
本日の持ち出しHP :



みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。
SP01というwebショップで扱っている格安DACを遊びで購入したので報告いたします。

現在自室に置いているデンオンの安CDプレーヤにはオプチカル出力があるのですが、同じく自室に置いているケンウッドのアンプにはアナログRCAしか入力できないため宝の持ち腐れになっていました。

格安機種とはいえ折角光出力がついているのだからDACでも挟んでやろうかとは昔から当然考えていたわけですが、基本的にはどれも高いものばかりですし、安い中途半端なものなら今のままでよいということでいました。

ですが3000円台で中々おもしろそうなアイテムがあるならば話は別で、遊びにもなるということでダメダメでいいやと購入。


20130217001.jpg 20130217002.jpg

SMSL SD-192
http://www.sp01.jp/26_1597.html

20130217003.jpg

純正のACアダプタのプラグ内径が本体側ジャックと違うためわざわざプラグパーツを付け替えたり、中の電解コンデンサが古かったり珍メーカだったりということで一部交換してからの運用ではありますが、それでもやはりこの価格で楽しめるのはお得です。

音についてはCDPのアナログ出力よりレベルが低かったためアンプ側で音量を上げる必要がありましたが、グラフィックイコライザで目視するレンジも広がりましたし、音についても奥行きが出て、また非常に一音一音が鮮度の高いものになったように感じられました。低域が締まり、ボーカルの焦点もキマりましたね。

因みにCDPからの接続に使う光ケーブルは以前自作したホリゾンテックのものを使っています。
2010年12月24日記事「ホリゾンテック 光デジタルケーブルの自作」→http://pcdp.sblo.jp/article/42225315.html


諸費用コミコミでも5000円以下ですんでいますから、十分に満足ですね。


この自室の環境では結局アンプ側で頭打ちするアレはありますが、また今後上等なDACを購入するステップになったことは事実です。



SP01→http://www.sp01.jp/index.html
スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
タグ:audio DAC
posted by うきょうたかし at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月16日

SONY PFR-V1を買いました


本日の持ち出し機種:
本日の持ち出しCD :
本日の持ち出しHP :



みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。
ちょっと前に長年興味のあったソニーPFR-V1を購入していたので報告いたします。

20130216001.jpg

SONY公式
http://www.sony.jp/active-speaker/products/PFR-V1/
http://www.sony.jp/products/activespeaker/special/pfr-v1/index.html


ソニーの製品カタログで初めて目にしたときから何なんだコイツはと衝撃を受けたときからもう5、6年でしょうか。ようやく安い価格で出会うことができました。

奇抜で突飛な形状、ヘッドフォンではなく「パードナルフィールドスピーカー」とわざわざ銘打つ、高価な価格・・・などなど、かなり独特なものであり、当然興味を持たないほうがおかしいわけです。

当時は何でこんなに高いのか、わざわざそんな名称を冠する位だし相当音がいいのでは?でも高々こんな小さなフルレンジ一発に何が出来る?(これは完全に偏見では有りますが、なにぶん大口径の3WAYで育っているもので、どうしても小径やフルレンジ一発はもちろんいいものではあってもどうしても最初にそういった見方から入ってしまいます。)

などと思いを巡らせつつも、この高い価格設定と絶対に室内でしか使えないという性質から、まあ中古で安く出たら、ということにしていました。


その後ちょっと前ですが生産完了してしまい、またしても買わずに終わってしまった・・・と少々落胆していました。タマ数の所為もありオークションや中古店等でもやはりちょっとすぐにポンと買える価格ではないことと、試聴したこともなかったために購入には至らなかったんですね。

しかし今回非常に安い価格で入手する機会に恵まれ、これはもう今買うしかないだろうということで購入。


早速帰宅して箱から取り出し取説を見ながらベストな装着ポジションを探りました。
新しいものを買ったときはどれもそうですが、長年欲しいと思いを巡らせていたものであればその喜びは尚更大きいものですね。このひと時は本当にたまらないものがあります。

装着位置についてはこれが中々難しいもので、構造上仕方のないことではありますが最適なポジションを見つけるまでがまずはじめの難関ですね。

二つ目の難関は音量が非常に取りづらいところですかね。

同じくSONYのディスクマンと合わせてみました。普通のイヤフォンであれば最小でもうるさいくらいのD-11ですが6-8くらいにまで音量を上げてちょうどいいくらいでした。

20130216002.jpg


まだ鳴らしはじめではありますが音を聴いたその瞬間からもうこの別格振りに引き込まれてしまいました。


装着位置が完璧に決まっていて且つ一定以上の鳴らしを出来ていることを前提として、

まず音の広さと開放感を感じました。さらには高域の非常に素直で且つ綺麗なノビ、締まった大変質の良い低域、若干甘いところがある気がしないでもありませんが基本的にはソリッドに慣らす、それでいながら滑らかさも極上というようなこれまでこうしたイヤフォンヘッドフォンでは感じたことの無い音に何時間でも音を聴いていたいという気になりました。

楽器の一音一音からボーカルに至るまで何を鳴らしても大変心地よく質の良い音であり、私の好みの傾向であったこともあるでしょうが、本当に気に入りました。

この製品を使用する人は多くクラシックやジャズ等を聴くと思いますが、私は特にポップスやライブ音源等のボーカルにも良くあうのではと思います。

女声の余韻や空気感、たまらないものがあります。

そのほかで言うとこれまで「これはあまりよくない」と感じていたような再生機等につないでも「こんな音を出せる(出していた)のか」と見直すほどに何につないでも大変素晴らしい音を聴かせてくれるところが印象的でした。

聴きなれたCDを聴いてみてもこんな音が入っていたのかとか、これまで潰れていたような音も良く分離して良く拾って再生してくれるところに非常に高い実力を感じました。
希望価格である55650円は決して高くはなかったですね。


よく聴いてみてあら捜しをすると、たしかに低音のモリモリくる量感はなく、また粒粒になりすぎていて不自然な音があったり、さらにはピーク時に音割れしやすい、などありますがこのあたりはエージングにより改善するのではと期待しています。

あとはこれを買ってしまったことで現在所有している多くのイヤフォンヘッドフォンが正直物足りなく感じてしまうようになったことでしょうか。GRADO SR325ですら曇っていると感じます。


じつは以前から興味を持っているイヤフォン「音茶楽Flat-4」の開発者である山岸亮氏の作品だったのですね。それを知らなくても同じく興味を持ってしまったという点でこの人の作品に惹かれるものがあったのかもしれません。

いずれFlat-4も購入することになるだろうと思います。
ま、それも結構値が張りますからまたしばらくしてからですね。



SONY PFR-V1公式→http://www.sony.jp/active-speaker/products/PFR-V1/
音茶楽→http://ocharaku.jp/sound/
スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
posted by うきょうたかし at 20:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月09日

Fischer Audio Ceramique を買いました


本日の持ち出し機種:SONY D-223
本日の持ち出しCD :Love Game / John Di Martino
本日の持ち出しHP :SONY XBA-3



みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。
先月あたりにフィッシャーオーディオのセラミークを購入していたので報告いたします。

20130209001.jpg

フィッシャーオーディオはロシアのメーカーだそうですが、ずっと以前からここの製品には非常に興味がありました。

eイヤホンでFA-004というヘッドフォンを一目見てそのお洒落なデザインとカラーリングに一目惚れした事がきっかけですが、それがデザインフォンにありがちな、所謂みてくれだけというものではなく、実に好みの音であったことがよりいっそう注目させたわけですね。

そうしたところからこの会社の他のイヤフォンやヘッドフォンも試聴してみたわけですがどうやらここのメーカーの音作りは私の好みに合っているらしく、例えばイヤフォンでもDBA-02からTANDEMまでどれも非常においしいと感じ、独特な外見と手ごろな価格にも唸り全部集めてやろうかとも思ったほどでした。

というわけでとりあえず一番独特且つ安価に手に入るものということで今回セラミークを購入したわけです。


20130209002.jpg

一枚目の写真に有るとおり、小洒落た箱に入っているものは上の写真のような独特なイヤフォンとポーチですね。


まず感じることは重量感と質感です。価格を考えれば上等な仕上げであると思います。

装着感などについてはイヤーチップが専用のものしか付かないというところからかなり人を選ぶものとなっており、人により装着感や音質がジャストミートする人ともう全然駄目な人に分かれるでしょう。私は幸い前者でした。この手のものはうまく装着できなければ音が全く変わってきてしまうため、非常に重要なポイントですよね。


音質傾向でまず感じることは本体が奥までキッチリ入ったときは実に低域が押してくるということですね。しかしながら所謂ビーツ系等にありがちなただ低域が盛られているだけで籠っていたり上が全然というあれではなく、音の傾向の割りによく抜ける印象で、ヘッドフォンになりますがHD25ほどシャープではなく少々気になる焦点の甘さもあるものの、色々なものを聴けます。

楽器についても相当得手不得手が出るようですが、時に信じられない程のリアリティーを感じる、また揺れる低音はちょっと規格外な、キワモノながらも実力派であるナイスなイヤフォンに感じました。



ムジカアコスティックス→http://musicaacoustics.jp/
スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
posted by うきょうたかし at 02:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月27日

格好良いD-EJ002兄弟機


本日の持ち出し機種:KORG MR-2
本日の持ち出しCD :
本日の持ち出しHP :Etymotic Research ER-4S



みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。
今回はようやく手に入れたD-EJ002系の海外モデルのひとつであるD-EJ010を紹介します。


SONYの現行機種のうち安いほうがD-EJ002ですが、現在国内では良く言えばポップな、悪く言えば安っぽい白・水色・ピンクの三色が展開されています。

この機種と同一もしくは若干の仕様差こそあれほぼ同一といえる機種群が海外では黒であったり銀であったり、非常に格好良いカラーが展開されていることは以前にも僅かですが触れていました。

かなり長いことそうした機種のうちどれか一つでも安く入手できないものかと考えていましたが、幸運なことに高いお金を出して海外アマゾン等から買うことなく近所で購入することが出来ました。


今回私が入手したものはこちら、D-EJ010Blackです。

20130127001.jpg


形からもみなさん容易に想像がつくことでしょう、そうですD-EJ002そのものです。中の基板も国内のD-EJ002と全く同じ基板番号であり、パーツ構成も当然同じです。

しかし本体のカラーが違うというだけでこうもクールなわけですから。本当に国内のあの三色展開は勿体無いと思いますね。


さて、音質・機能等についてはD-EJ002と全く同じというわけで敢えて言及することもないですね。

以前にもいくつかD-EJ002についての記事を書いていますが、以下の記事でコンデンサ交換を行っているので今回はまた違うパーツ選定でよりすっきりと収めつつ音質対策を狙ってみました。

2010年1月23日記事「D-EJ002の項目を更新しました」→http://pcdp.sblo.jp/article/34904450.html


今回はケースに穴をあけたりコンデンサを寝かせる等の、言ってしまえば不細工なことはなるべくしないようなパーツ構成です。

20130127002.jpg

当時以上に入手が容易でかつ質の良いパーツの選択肢が増えたので期待以上の結果を得ることが出来ました。

手持ち在庫とコンデンサ銘柄の関係で一個寝かすことにはなりましたが、そのほかは主に5mm高のコンデンサを使用した為まるで純正のような収まり具合です。純正は初期基板で一部にニチコン製が使われている以外は全てJAMICON製なので、これはまず見栄えが良いですよね。音質対策の一番の決め手にはお気に入りのMUSE F95も入れてみました。


作業後の試聴結果では純正・前回の事例と比べ、もともと少なめですがホワイトノイズがほぼなくなり、また電源ON/OFF時やヘッドフォン抜き差し時のノイズも随分と小さくなりました。

楽曲やヘッドフォン等にもよりますが、音質についてこれがD-EJ002かと我ながら唸りました。

狙い通りではありますが、私の期待以上の結果を返してくれました。

カラーもこの通り格好良いですから、日々の持ち出し機種にいれてやろうと思います。



SONY CD walkman公式→http://www.sony.jp/walkman/lineup/category/cd-walkman.html
スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
タグ:SONY walkman
posted by うきょうたかし at 03:09| Comment(2) | TrackBack(0) | PCDP

2013年01月19日

遅ればせながら「うきょうたかしのPCDPアンドCDお年玉2013」


本日の持ち出し機種:KORG MR-2
本日の持ち出しCD :
本日の持ち出しHP :SONY XBA-3SL Ultimate Ears UE500 ほか



みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。
少々遅くなってしまいましたが、皆さんの日頃からのアクセスと応援等への感謝としてお年玉企画をやってみようかなと思いましたので告知いたします。

以前からプレゼント企画等考えてはいましたが、中々いいものがないということで実現には至りませんでした。ですが今回はあるいは興味を持っていただけるのではないかなということで試しにやってみようと思います。


2013/1/27 0:00で締め切りました。
posted by うきょうたかし at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月01日

あけましておめでとうございます

みなさんこんにちは。
スタフ屋の右京崇です。

更新も少なくまた非常にニッチな内容のサイト・ブログですが、毎日多くのアクセスを頂き本当にありがとうございます。

2013年も同様に、スローながらもいろいろとやっていければと思います。

それでは、本年もどうぞよろしくお願いいたします。


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
なんとこの夏で私の個人サークル「スタフ屋」も10周年を迎えます。そんな2013年にようやく満を持してはいませんが同人活動再開ということで、まあ出展するほどのアレはないにしても、webで細々とやれればという感じでしょうかね。
せっかく10GBもスペースがありますからね。
posted by うきょうたかし at 04:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月31日

本年もお世話になりました&2012MVP



みなさんこんにちは、スタフ屋の右京崇です。
今年ももう大晦日なのですね・・・はやいもんです。
今年もコミケットの三日目が大晦日であり、年内に帰宅できない方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

さて、今年も例によって自己満足記事であるオレMVP-PCDPを発表等したいと思います。


私自身のアレは、今年は去年一昨年に比べてさらに新規入手機種も既存の買い増しもなく、いわばPCDP充ができていない一年でした。

所有機種の整備や依頼品整備等に留まりあまりサイトの更新も出来ませんでした。来年は情報の充実が出来たらなと思います。


ツイッタやそのほかでも今年は今まで以上に一部界隈さらにはそれ以外のところでPCDPに触れた方が多かった一年に感じました。

私もブログやサイトで以前から(最近はあまり多く書いていないので特に古い記事のほうですね)いろいろと書いていたりもしますが、PCDPにはいろいろな魅力・おいしさがあります。

例えば音質をとってこれという人も居るでしょうし、私のように利便性をとってという人も居るでしょう。

なぜ利便性をとってPCDPなのかと疑問に感じる方も多いことと思うので少し書きます。
私は「CD、MD、CT、DAT等のポータブル機はDAPに比べて不便」と即決してしまうことに疑問を感じます。もちろん、常にDAPが利便性で劣るとは言いませんよ。

私は以前から常々記事等に書いたりお会いした方には話をしているのですが、私も含めて所有CDが非常に多い人はPC上に音源がある・ないに関わらず、いちいちDAP等への曲の出し入れを行うことはCD盤をラックからサッと出し入れすることに比べてはるかに面倒なのではないかと考えます。

このあたりは個人個人のアレが多くあるのでその都度自分の都合の良いものを選択することが賢明でしょう。


少々話がそれてしまいましたが、モノとして例えばディスクが回っているのが見えて楽しいとか、いかにもメカメカしくて面白いなど、もちろんPCDPだけではありませんが一つ一つの機種に独特な魅力が多く詰まっています。そうしたところに私は惹かれてしまうんですよね。


いろいろとまだまだニーズのある(と決め付ける)PCDPですが、今年(ひょっとすると2011年末)は早い段階でOHM CDP-330Mという現行最優秀機種が生産完了になってしまうという悲しい出来事も有りました。

CDP-330Mはデザインやカラーはともかく単三駆動、アナログアンプ・ボリウム、ラインアウト、パーツ互換、整備性、安さ等多くの機能と互換性を備えた初心者からマニアまで納得の実力派機種でした。


やはり時代の流れかなとも思いましたが、後半になり期待の新星が現れました。


それがコチラ、もうお分かりですね、わたくし右京崇が選ぶ2012年MVP-PCDP、OHM CDP-380Zです。

20121231001.jpg


評については以下の記事にあるとおりです。
2012年10月25日記事「期待の新製品 OHM CDP-380Z を買いました」→http://pcdp.sblo.jp/article/59493769.html


このように一度紹介していることもあり、出来れば全色揃えてドドーン!と今日を迎えたかったのですが、残念ながらこの一台きりで二台目をまだ買っていませんでした。

CDP-380Zは所謂中国系機種にあたるものですが、そのポテンシャルは高く、整備性等細かいところまで見るとCDP-330Mのほうが私は好みですが、色やデザインは洗練されていて、価格は同様に2980円前後と格安でありながら文句なく現行最高音質を誇り、さらには恐らく耐久性も一番なのではないかとコチラはあくまで所有機種等から判断する予測ですが感じます。

注・現行機種はSONY D-EJ002 D-NE241、COBY TF-CD314(掲載はありませんがいつのまにかCOBY JAPANという日本サイトが出来ていて驚きました。)、WINTECH PCD-55、OHM CDP-380Zの五機種とします。TASCAMのトレーナ系やPiPO-CD08は所有していないため除きました。


この機種がいつまで生産されるかは分かりませんが末永い生産と販売を望むばかりです。


2012年も色々とお世話になりました。今年は去年以上にまたPCDPブームが来ていた様な流れでしたね。松下はパナソニックになってから次々と良いモノを切ってしまっていますから残念ですがもう期待はできませんね(逆に迷走でPオーディオ復帰したら面白い)、好調なSONYさんにぜひwalkman史上最高音質機として2010年代のスーパーPCDP/PSACDPをラインナップに加えてもらってですね、Pオーディオをもっとアツくしていただきたいものです。


OHM CDP-380Z公式→http://www.ohm-electric.co.jp/wp/category/av/cdp_p
スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
PCDP紹介→http://www.sutafuya.net/pcdptop.html
posted by うきょうたかし at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月30日

SONY XBA-3SLを買いました


本日の持ち出し機種:
本日の持ち出しCD :



みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。
以前から購入を考えていたXBA-3SLの中古が随分と安くなりいよいよ購入に至ったので報告いたします。

今年のはじめに店頭での試聴記事を書いていますが、そちらにもあるとおりXBA-1,3が好みに合ったため当時から購入を考えていました。

2012年2月3日記事「今更ですがSONY XBA-1 2 3 4 を試聴してきました」→http://pcdp.sblo.jp/article/53417375.html


中々値が下がらないということで新品での購入に至らない中、すぐに後継の10〜40が発売され、それもあってか中古価格が随分と下がりました。

記事にはしていませんでしたが当然のようにそれら4機種も試聴し、やはり10と30が好みで、SONYのXBAシリーズのシングルとトリプルの完成度の高さを改めて感じることになりました。


現行の30を買ったらいいのですが、音質的にはどちらでもいいということでそれならば安いほうをとなり、旧機種である3を買ったわけですね。


外箱が無いとはいえ中古美品がなんと7480円でした。これは買うしかないでしょう。

20121230001.jpg


音質についてはもう今敢えて書く必要もありませんね。

SL-S30やD-223等で実際に店頭以外の環境で聴いてみると、また良いものが有りました。


先の記事にも書いているとおりクセが気になるものもあるのですが、ピアノやヴォーカルの空気感や心地よさが抜群です。

ラッパ系は全然駄目に感じたのですが、まあいいでしょう。


いろいろ聴いているとやはりER-4SやTITTAが自分の好みに合っていることで結局はそれらになってしまうのだろうなと思うこともありますが、やはり3ドライバ機だけあって全域に渡って音が非常に密であり濃いということを感じます。

音数が増えると流石の情報量を感じますし、広さや全体の空気感、聴き心地のよさというものは抜群に良いと感じます。


ところで私は実はSONYのイヤチップが苦手で、以前音やデザインを気に入っていたEX300を手放したことがあるのですが、今回は本日届いたモンスターのイヤチップを装着して無事痛みや違和感とオサラバすることができました。(写真はSONY純正がついていますが、今のところ Monster Super TipsのFOAMとGELを適宜換えてで運用しています。)


それにしてもこれだけの音が中古ならばたったの7500円程度からで堪能できてしまうのですからもうこれは十二分に満足でしょう。
日常使用イヤフォンがまたひとつふえました。

中古でも問題がなければXBA-3SLはこの価格帯の現在のベストバイといえる機種の一つではないでしょうか。


さて、あしたは毎年恒例の自己満足企画であるオレMVP-PCDPの発表です。
拙サイト・ブログをご覧になって下すっている皆様はもう大体どれが選ばれるかおわかりでしょう。

今年は期待を裏切らない選定になると思います。



SONY公式商品情報ページ→http://www.sony.jp/headphone/lineup/series/balanced_armature.html
スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
タグ:SONY Head Phone
posted by うきょうたかし at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記