2011年07月10日

念願のINFOBARをゲットしました。



みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。

今日もまーーーー暑い一日でしたね。32度とか33度とか言ってますけど体感的にはもう40度とかそれくらい有るんじゃないですかね。室内なんか下手したら入浴と変わらなですよ。


そんななか本日、念願の、念願の・・・!インフォバーA01をゲットしました!!

20110710001.jpg


私はストレートタイプの携帯電話しか愛せない人間であり、折りたたみ式やスライド式は嫌いどころか憎しみすら覚えるほどです。

ストレートタイプに断固として拘るのにはデザイン的な好みというところが大きいのですが、折りたたみ式の何が特に嫌いか、とにかく蝶番のカチカチ音がいやでいやで。

アレがなくてもパカパカパタパタ本当に不愉快極まりないです。

スライド式はヘンに分厚く不恰好であると感じますし、やはりスライドの感覚が不愉快です。


是が非でもストレートでなければならない私がインフォバーに惹かれないわけがありません。

それは8年前からの想いでした。
薄く細長い角ばったINFOBARを一目見たときは
「僕のために作ったのではないか」
と感じるほどに私の好みドストライクであり、当然喉から手が出るほど欲しかったわけです。

しかし当時は携帯電話を所持できる環境ではなく、いくら欲しくても手にいれる事は出来ませんでした。


そして4年前、INFOBAR2が出ました。

個人的にああいった丸みを帯びたデザインは好みではないのですが、配色、そしてなによりストレートタイプというところに惹かれ、やはり欲しくなったわけです。

しかしこのときも運悪く他の携帯電話を契約したばかりであり、またしても手にいれる事は出来ませんでした。


そして今回は現在使用中の愛機W63Kの2年縛りがあける2週間後に発売という、まさに
「3度目の正直!今度こそ買ってくれ!」
といわんばかりのタイミングでした。

スマートフォン欲しい病が日増しに深刻化する中、昔から欲しい欲しいと思い続けていたシリーズがラインナップされるわけですから、これを逃す選択肢はありえません。


デザイン的にはもっと初代よりであればよかったのですが、それでも十二分に満足できるものでした。


さて、デザインや仕様の好みが初代INFOBARに匹敵する、下手したらそれ以上というほどのW63Kを機種変更で手放してしまうのか、それとも使い勝手やその他のことを考え二台持ちにするのか・・・

悩みに悩んだ数週間でした。


上の写真でもうおわかりですね。

好みの面でも使い勝手の面でも何一つ不自由のない、W63KとINFOBAR A01の実に通好みな二台持ちが実現しました。ストレート派の方は同じような組み合わせの方も多いのではないかと思います。


そもそもタッチパネルの機器が初めてということで、携帯電話をはじめて手にしたおじいさんのようなぎこちなさでまだまだ全然というところですが、ゆっくりと、じっくりと、操作や使い方に慣れていきながら自分色に染めていこうと思います。

二台とも10年、いや、一生使いたい(笑)


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
タグ:INFOBAR
posted by うきょうたかし at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月09日

先日PCDPをハデに落としました。

昨日(もうおととい)SL-S290をホーム下にハデに落っことしました。

その時間帯、電車が通らない線路だったので他に迷惑が掛からないということがとにかく幸いでしたが、正直このPCDPはもう諦めてしまうくらいの状況でした。


ボディーはポリカーボネートということでここはいいとして、蓋ロックパーツ、ピックアップ周りやギア、基板などは完全アウトになるという最悪の事態を予想しましたが、幸いほぼ無傷で何の問題もなく動いています。

装着しっぱなしのニッカド電池のボディーがへこんでいるのを見るにつけ本当にラッキーであったと思います。

それにしてもかすり傷2つ程度で何の損傷もなかったということは、まさに私のPCDP愛が生んだ奇蹟であると思いました。


物を落としたり何なりという事をしない人間としては実に不覚でありましたが、無事これ幸いです。

最近は割と贅沢な持ち出し機種選定をしていましたが、これからはまた持ち出す機種を壊れても良いものに限定する必要が出てきそうです。

そうすると状態が危ういものからということになるわけですが、今日のこのSL-S290が落下歴ありということで壊れても良いグループ入りするというなんだかよく分からない状態に・・・


ま、コンデンサ交換でもして遊びましょうかね。(笑)


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
SL-S290紹介→http://www.sutafuya.net/pcdp/sls290.html
posted by うきょうたかし at 02:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月02日

iBasso D12Hjの構成を変更しました


本日の持ち出し機種:Panasonic SL-S290
本日の持ち出しCD :D-DAY「CROSSED FINGERS Disc1,2」



みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。

最近忙しさとネタ切れでめっきり更新できなくなってしまい、私自身が満足のいかない毎日でした。


そんななか本日、工作欲とネタ投下の両方を満たすためお気に入りPHPAである iBasso D12Hj の構成を変更しました。

20110702001.jpg


2010年12月15日記事「PHPA iBasso D12Hj を買いました」→http://pcdp.sblo.jp/article/42105872.html
2011年05月05日記事「D12Hjもちゃんと使っています。大満足です。」→http://pcdp.sblo.jp/article/44841400.html

リンクの記事でも触れているように、聴いた瞬間から自分好みの音が出てもう何ひとつ文句はなかったこのD12Hjではありますが、保証等はもう要らないし、どうせ使うならより自分好みで・・・ということで写真のような構成に変更しました。

変更内容は以下の通りです。

C72 63V0.1uF(WIMA MKS2)→100V0.1uF(Roederstein MKT1826)
C86,90 6.3V2200uF(nichicon HZ)→6.3V1500uF*2(三洋OS-CON SEPC)
C116,120 100V0.01uF(Jie Li PEI)→100V0.01uF(Roederstein MKT1817)

HZの音は個人的に大変好みなのでわざわざ変更する必要も無いかなとは思いましたが、せっかくスペースが有るのでHZ2発からSEPC4発に。


見た目はちょっと良くなりましたかね。

またPCDPネタやそのほかのネタもいろいろ用意してサイトとともに更新作業を再開したいと思います。


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
posted by うきょうたかし at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月16日

診断メーカーで遊んでみた。



みなさんこんにちは、スタフ屋の右京崇です。

今更感どころではない気もしますが、前々から作ろう作ろうと思っていたので先ほど作ってみました。

私らしくPCDPの型番が出るという実によく分からないものですが、毎日持ち出す機種が決まってしまってマンネリ化しているので、これで出たor近い機種を持ち出してみようというユーザー連動型(?)なポップな診断メーカーだと思います。


明日のお供はキミに決めったー
http://shindanmaker.com/120164


不具合や希望などあればツイッターかこちらよりどうぞ。反映されるかもしれません。

無い機種が出る件についてはこれはこれで面白いということで敢えてそうしているので変更は出来ません。
posted by うきょうたかし at 01:34| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月08日

ダイソーで買ったLEDグラデーションライトが良い



みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。

徒歩コースから外れたことでめっきり行かなくなってしまったダイソーですが、ふらっと寄った先日見つけたLEDグラデーションライトが中々に良いです。

20110508001.jpg


この手のヤツはもっとアレだったり210円だったりとにかくアレな場合が多いのですが普通にインテリアのアクセントとして使える面白さがあります。

僕の写真技術が皆無なのであまり良い感じには写っていませんが、ムーディでおしゃれな感じです。


夜の音楽鑑賞がまた楽しくなっちゃいますね。
posted by うきょうたかし at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月05日

D12Hjもちゃんと使っています。大満足です。



みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。

PCDP単体利用がほとんどの私ですが、ローテーションのように色々な機種を使っているのでこれも当然使っています。
新しいCDをゲットしたときなどはローテ関係無しにまずXP50とこれですね。

繋ぐPCDPは気分により変わりますが、やはり松下機を繋ぐことが多いですね。デザインが良いということで最近はSL-CT790を繋ぎっぱなしにしています。

20110505001.jpg


私は基本的にPHPAはこれしか持っていないのですが、大変気に入っています。


好きな音を鳴らしてくれるということは以前にも書きましたが、本当にそうなんですよ。

上から下までノビがあって音のひとつひとつもとても美しくて、雰囲気も良くって・・・
楽器もヴォーカルも実にいいのです。

特に中〜高域が抜群に良いのではないでしょうかね。


本当に私のためだけにつくったのではないかというほどに私の好みをついています。


そんなわけでもうPHPAは他にいらないやということでいまも相変わらずこれ一台だけです。

ま、実際に聴いてみればPCDP以上に差があってアレもコレもとなってしまうんでしょうけどね。


とにかく最初にして答えが出たというラッキーだったので、中身のパーツを交換したり何なりということは全く考えていませんでした。

とはいえ中を見ないというのも勿体無い話なので先日ちょっと開けてみました。

コレだけ僕好みの音なのだからHZやUTSJやKZHあたりが使われているんじゃないかということで期待しながら中を見てみたらヤッパリ!HZにUTSJですよー。流石に容量は分かりませんでしたけどね。

自分の好きな音が出るわけですよ。開けたときにはかなり嬉しくなっちゃいましたもん。

20110505002.jpg


というわけでやはりコイツには手を加える必要がなかったのです。

HZをSEPCに、UTSJをKTに、なんてのもまた面白いかもしれませんが、現状で何の不満もないですしそもそも選定コンデンサとしてはこの二つはいずれもゴール銘柄ですからね。


これからも末永く、PHPAは浮気をせずにD12Hjひとすじでいこうと思います。


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
posted by うきょうたかし at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月31日

Panasonic SL-XP50を直しました。2



みなさんこんにちは、スタフ屋の右京崇です。
以前付け焼刃的な修理をしたSL-XP50ですが、遂にごまかしがきかなくなったので全てのコンデンサを交換しました。

2011年1月7日記事「Panasonic SL-XP50を直しました。」http://pcdp.sblo.jp/article/42440057.html


今回のトラブルもまた「電源は入るもディスクがマトモな速度で回転せず、すぐに電源が切れる」という、頻出パターンの一つでした。

前回作業後も怪しい状態でありながら、これまでコンデンサ全交換を渋っていた理由は貴重な個体を壊してしまったらマズイという事と、クリアランスが少なくコンデンサ交換が困難であるという事の二つが主です。


しかしこの度どうしようもない状態になってしまったので壊しても良いやくらいの気持ちでエイヤッと作業しました。

詳細は既に本家サイト「スタフ屋」に掲載した通りでございます。
スタフ屋 ポータブルCDプレーヤー(松下 Panasonic SL-XP50) 修理(電解コンデンサ全交換)→http://www.sutafuya.net/pcdp2/slxp50-1.html


私と同じようにスペースの問題でコンデンサ交換を躊躇っている方もいると思います。ほんのちょっとでも参考になればということで、いつもより詳細に写真を掲載しています。


今度こそ完全復活です。コンデンサーを全て交換してリフレッシュしたSL-XP50はキビキビとCDを読み込みます。

わかっちゃいることですがやはり感動的ですし、愛着もわきますね。

このサイズでこの音質、そして世界でもっとも普及している単三2本で駆動。
PCDPの完成形とはまさにコレのことです。


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
ポータブルCDプレーヤー紹介→http://www.sutafuya.net/pcdptop.html
SL-XP50紹介→http://www.sutafuya.net/pcdp/slxp50.html
タグ:Panasonic 整備
posted by うきょうたかし at 00:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月29日

これからのPCDP保守を考える



みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。

PCDPに限らず私の部屋にはデッキやら何やらで20年物30年物の電解コンデンサがわんさかあるわけですが、そのどれもがピンピンしています。

しかしPCDPに使用されているような小型品は得てして寿命の短いものが多く、またスペースの都合でかなりシビアーなパーツ選択や要求がなされている場合もあります。

ほかにも使用される環境や、そもそもコンデンサ自体がヤバイ(1990年前後のものなど)ことなどから、流通在庫や保管在庫に状態の良くないものが増え始めてきています。


特に最近それを強く感じます。
前々から「そろそろかな」という状態であったものは勿論、ピンピンしていた保管品や常用個体などにもヤレがいっきに来ています。

全く使わないよりも多少使っているほうがやはり状態は多少良いものの、それでもその良いものにもノイズやらトラブルなどがかなり見られるようになりました。


PCDPの場合ほとんどが電解コンデンサによるものですから、それをきちんと交換してやれば問題なくピンピンした状態になってくれます。

ほかにも様々な原因やトラブルがありますが、コンデンサについてみればたったこれだけで対処できてしまうわけですからわざわざたいそうに保守を考えなくても良いといえば良いのです。

が、気をつけたいのはコンデンサのトラブルが引き起こす二次的なトラブルなんですよ。

劣化したコンデンサを放っておくと電解液が漏れて基板やICを腐らせたりパターンを持っていってしまったりと、コンデンサ自体の問題だけに収まらなくなってしまいます。

買って整備したときに「ちょっと一部コンデンサの状況が悪いけど、大方良い感じ」というものであっても、次に使うときに電解液がパターンやICを腐らせて大変なことになってしまってからでは遅いのです。
時間と労力を惜しまなければ対処も不可能ではありませんが、非常に厄介ですし何よりも音や質に影響することが否めません。

大きなデッキはパターンも大きく分厚いため多少であれば楽に対処できたりもしますが、PCDPの場合はパターンが細かくそして薄いためちょっとしたことで一気にどうしようもない状況になることが往々にしてあります。


そこでなるべくそういった問題を未然に防げるようにということでPCDPの保守を今まで以上にまじめに考えています。



私の場合は約130機種300台以上のPCDPを持っているわけでして、このうち薄型機などの電解コンデンサ不使用のものを除いても250を超えます。
いくら単純な対処とはいえこれら全てにコンデンサ新品交換を適用するのはあらゆる面で現実的ではありません。
これは私ほど酔狂でなくても多数お持ちの方には当てはまるでしょう。

幸いPCDPの場合はパーツ互換がかなり良いので、例えばトラバースの互換で世代を分けて、その世代ごとにお気に入りを一つ見つければその機種だけ保守して他の機種はガワと基板を捨ててしまうなんていうことも良い選択です。

私も初期〜中期のものではSL-S30/300/490、中期〜後期ではSL-S400/270といったあたりを残しておければ最悪他の基板は全部ダメになっても良いと考えています。


しかし、これだけ多く集めたのですから一つでも多くの個体を末永く愛してやりたいという気持ちが強くあります。

かといって一定期間ごとに全交換するのは到底不可能・・・
1台あたりコンデンサ20個800円として、250台で5000個200000円。

やはり特定機種だけ残してほかは諦めるか・・・?

それとも実際に深刻な状況になっているものは15年以上のものがほとんどであるから、いっそ問題が出てから対処して腐った分は諦めるという大胆なものでも良いか・・・?

色々な選択とそれによる今後を考えました。


その結果今の私のベストアンサーは

「常用個体以外、特に複数所持のスペアは全て電解コンデンサを取り外してしまう。」

ということになりました。

勿論これでは「使いたいときに使えない」「ある程度も通電を出来ない」などのマイナス面がでてきます。

しかし電解液漏れによる基板腐食といった一番怖くそして避けるべき問題に遠いのがこれですし、全ての機種をローテーションで使っているわけでもないですからすぐに使用できない機種があっても大して困りません。

先にあげたようなパーツ交換代は常用個体以外に掛からなくなり、経済的な問題も手間の問題もなくなります。

そんなわけで特に古いものヤバイものやスペア個体からどんどんコンデンサを引き抜いている最近です。


勿論これが最終的なベストアンサーであるとは思っていません。
またこの先ポイントポイントで現時点での私の選択の良かった点悪かった点、さらに別の新たな良い答えなど色々と出てくるでしょう。

それはまたそのときそのときに柔軟に対処していければと思っています。


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
ポータブルCDプレーヤー紹介→http://www.sutafuya.net/pcdptop.html
(紹介ページ全リニューアル作業は2011/3/29現在SL-XP50からSL-S222まで完了しました。)
タグ:PCDP 整備
posted by うきょうたかし at 00:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月24日

本家サイト更新が滞ってしまい・・・



申し訳ございません。

色々と引っ張り出して聴いたりいじったりして遊んでいると中々かけないということも有りますが、やはり130機種も有るとかなり大変な作業でして・・・

ボチボチまた週に2、3機種ペースでも更新していきますのでどうぞ気長にお待ちください。m(_ _)m
posted by うきょうたかし at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月02日

メーカーはアメリカで形は松下で産地はアイワで音はSONYのPCDPだって!?




そんなものあるわけないじゃないですか。




・・・・・・あるんです。

それはまあPCDP紹介ページ更新の大トリですから、これ以上の情報は伏せておいて・・・(分かった方もナイショにしておいてくださいね!)

本日はSL-S505からSL-S350Cまでのページを一新いたしました。
しばらくは通常紹介ページの更新ですが、そのあとにまた随分とたまっているカスタム・修理・DIYのページ追加もしていきます。


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
ポータブルCD紹介→http://www.sutafuya.net/pcdp/pcdp.html
posted by うきょうたかし at 00:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月01日

即お蔵



みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。

ネタがないので即お蔵になった2本のケーブルを紹介します。


まず1本目はコチラ。

20110201001cable.jpg

みなさんもう何かお分かりでしょう。

そうです、松下機のリモコン端子部をキャンセルしてしまおうというケーブルです。

思うような効果が得られなかったので即お蔵です。リモコン端子部をいっそ絶縁してしまいましょうか。そうしたら効果が有るかも。


そして2本目はコチラ。

20110201002cable.jpg

みなさんもう何かお分かりでしょう。

そうです、WM-PORT to ステレオミニ のケーブルです。

僕はそもそもメモリーウォークマンを持っていないので即お蔵です。


今週〜来週にかけて本家サイト「スタフ屋」のPCDP項目を一気に更新する予定でいます。
1/31時点でSL-XP50〜SL-S303までの情報を更新しています。



スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
ポータブルCD紹介→http://www.sutafuya.net/pcdptop.html
posted by うきょうたかし at 02:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月14日

松下KSが届きました。



みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。
今回は前々から買おう買おうと思っていたコンデンサーが届いたので報告します。


コチラ。松下の5ミリハイトコンデンサー、KSシリーズ(黒)です。
共立エレショップで購入しました。→http://eleshop.jp/shop/

20110114001ks.jpg


PCDP党の皆さんにはもうお馴染みのコンデンサーですね。
松下機では主にSL-CTシリーズ、そのほかSL-Sシリーズなどに、SONY機などにもちょくちょく使われている(ルビコン製)、低耐圧高容量5ミリハイトというユーザーなかせのコンデンサーです。

何が辛いかって秋葉原じゅう探してもまー無いわけですよ。(メーカーはどこも作っていますが、パーツ屋にないのです。)
内部クリアランスが大きければ他のサイズのものも使用可能ですが、このような超小型品しか入らないものもあるわけです。
サイズの関係で使用可能なパーツがないという場合は、音質改善目的どころか単なる修繕目的でさえも満たせない可能性が高いわけです。

死活問題ですよ。


で、暫く前に共立エレショップで松下KSシリーズの大部分(全ラインナップではない)を取り扱っているということを知り、今回まとめて注文したわけです。

一番の目玉はもう言わずもがなですね。コチラ、4V220uFです。

20110114002ks.jpg


スケールがずれていますが、5ミリ高6.3ミリ径の超小型品です。

カップリングや電源関係に結構使われているんですよ、コレが。
SONY D-223や松下SL-CTなど、通常品ならば寝かせても入らないというものが意外と多く有り、大変必要になってくるコンデンサーなのです。

他の個体から取り外したものを流用するという手も有りますが、やはり新品を使いたいものです。SL-S300系などでも分かっていることですがこの手の超小型品は寿命が短いですからね。


残念ながら黒スリーブしかなかったということで、青スリーブのKSと入れ換えると音質的にはマイナスになる可能性がありますが、劣化してダメになったコンデンサーはもうそんな事言っている場合ではありませんからね。


殆どの品が手に入り一安心といきたいところですが、4V470uFが松下データシートから消えていることがかなり気になり(薄型機の電源に多用されている)ます。

あと6.3V330uFや8V330uF、10V220uFも共立さんで取り扱ってくれると大変ありがたいのですが。4V220uFと6.3V330uFの超小型品が一番欲しいコンデンサーなんですよね。


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
PCDP紹介→http://www.sutafuya.net/pcdptop.html
共立エレショップ→http://eleshop.jp/shop/
パナソニックKSシリーズラインナップ→http://industrial.panasonic.com/www-cgi/jvcr21pz.cgi?J+PZ+3+ABA0015+4++JP
タグ:Panasonic 整備
posted by うきょうたかし at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記