2012年11月25日

オヤイデ製HPC-HD25を買いました


本日の持ち出し機種:
本日の持ち出しCD :



みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。
先日発売したばかりのオヤイデ製HD25用ケーブル、HPC-HD25が届いたので報告いたします。


もともとゼンハイザー用のプラグは入手性が悪く、自作は可能であってもイマイチ面倒であるなということで中々作業には至らず純正のまま使用していました。


以前PCOCC-Aケーブル採用のオヤイデ製ゼンハイザー用ケーブルがありましたが、そちらはHD650等向けであり、HD25に使用は可能でも純正のようなスタイルでの配線は出来ないものでした。
また、プラグがカルダスのアレであったり、3.5mmがオヤイデ製のストレートプラグ等であることから、ポータブルユースでL字が望ましいという自分は中々購入には至らずで、いざ購入しようとなったときには生産完了となっていました(マイチェンして発売するまでの期間であった)。


そんな中HD25向けのケーブルがプラグ等一新の上発売されるということが発表され、これは買うしかないだろうということで予約注文をしました。

カラーバリエーションが豊富であり、純正に限りなく近い黒にするのか、それとも折角ケーブルを買うのだから黄や赤にするのか、それともシールドが銀メッキ線であるシルバーにするのか・・・

いろいろと悩んだ挙句購入したのはこちら、黄色です。

20121125001.jpg


目立ちすぎるからやめようかなとも思いましたが、折角購入するわけですし、何よりも阪神カラーになるということで決断。


さて届いた直後の感想ですが、まず予想よりも細く軽量であることが印象的でした。
流石にHD25専用ということで長さ等も純正に近いものであり、見た目も使用感も全く不満はありません。

ケーブルは意外と柔らかいので取り回しも中々に良く、プラグのモールドが綺麗なので取り付けた状態はまるでメーカー純正のようです。

タッチノイズは当然ですが純正よりも少ないのですが、若干ケーブル自体のクセが強いように感じました。(使用しているうちに取れるでしょう)


個人的に一番評価したいところはこの通り純正と比べてプラグが小型軽量である点です。

20121125002.jpg


HD25は外でポータブル使用する方も非常に多いと思いますが、純正の大型プラグではどうしても再生機から大きくはみ出してまわりに引っかかったり、再生機のジャックを破損しやすいという危険性があります。

しかしこのケーブルのプラグはこの通り多くのイヤフォンと同じような小型軽量のものであるため、そうしたトラブルが少なくなるのではと期待しています。


音質については以前HD650向けのPCOCC-Aケーブルでの試聴をしたときに純正よりも高域が伸びるという感想を抱いたため同様のものを期待していましたが、それよりも全体的にまろやかで聴きやすい音になったように感じます。

と某所レビューにも書いたのですが、いろいろと再生機や楽曲をかえてみると高域の伸びや綺麗さ、また全体がシャープになりながらも聴き心地が増したような、そういった感じも受けました。


私には聴き比べということが中々難しいところではあるのですが、外見のファッション性や取り回し、価格等いろいろな点から、純正からの補修・向上・併用、各目的に十二分な性能をもって応えられる優良な製品ではないかと思いました。

とりあえずしばらくはこのHD25阪神で運用することになりました。

20121125003.jpg


次はHD650購入前から考えていたアコリバの高いプラグ&AUG単線での原価超えゴージャスケーブル自作でしょうかね?



オヤイデ電機HPC-HD25項目→http://www.oyaide.com/audio/audio-products/cn88/HPC-HD25.html
ゼンハイザージャパン公式→http://www.sennheiser.co.jp/
スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
タグ:SENNHEISER HD25-1
posted by うきょうたかし at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60280975

この記事へのトラックバック