2012年05月13日

パーツ構成の異なる個体


本日の持ち出し機種:
本日の持ち出しCD :



みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。

相変わらずサイトの更新等滞っていて申し訳ございません。

未掲載機種や情報が沢山あるのですが先のデーター消失も含めまだまだ時間が掛かりそうです。


ところでタイトルのパーツ構成の異なる個体についてですが、これはもう基板リビジョンやロット、生産時期により異なるものが多く存在しているということはPCDPでもそれ以外でも当たり前のことで、皆さんご存知であると思います。


私の拙サイトでも少し記述してありますが、SONY機は同じリビジョンであったりシリアルが非常に近くてもコンデンサの選定はかなりアレで、耐圧容量が同じであればELNAであったりニッケミであったりニチコンルビコン松下・・・てんでばらばらといってもいいようなものであります。

サブ基板があったりいろいろですよね。


ではなぜ今更この様なことを書くに至ったのかというと、SONY機は「仕様」としても、松下機に関してはこれまで私が買った個体についてはほぼデータシート通り、コンデンサの選定などはS390やS120等で若干の違いがあるほかはどれもまったく同じであるということで、こういった「差」はないものという認識でありました。

しかし、本当にここ最近、NJM3415がついているはずのS180でTDA1308がついているものや、これまで所有の370/470はTDA1308がついていたのですがデータシート上は3415であったことなど、気になる事例がいくつか出てきたからです。


SONYのコンデンサ違いについては各社標準品であることでそれほどの差は感じられないのですが、HPAが違うそれもNJM3415とTDA1308では全く音質傾向が異なりますからこれは大変なことです。とても同じ機種とは思えないほど差がありますから(どちらが良い悪いではなく傾向の決定的な違い)、これはサイト製作はもちろん、「こういった音質のものがほしい」という目的で購入する場合にはかなり問題になってくるということで頭を悩ませています。


私は気に入った機種やカラーバリエーションのある機種、またはパーツ取りに有用な機種は複数買い込んでいますが、幸か不幸か最近までこういった決定的な違いのあったものはあまりありませんでしたので余計に戸惑っています。

マンネリ化しているブログのネタにはいいのですが・・・


これまで通りサイトの情報は基本的に私の所有個体を基準に作成していきます。
新たに違いのあるものが手に入った場合、または指摘等を頂いた場合に情報の追加・修正を行います。


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
ポータブルCDプレーヤー紹介→http://www.sutafuya.net/pcdp/pcdp.html
タグ:Panasonic SONY
posted by うきょうたかし at 21:38| Comment(2) | TrackBack(0) | PCDP
この記事へのコメント
右京崇さんはじめまして、NazoManNobuと申します。
早速ですが、私も470持っていますので改めて見てみましたら、NJM3415が付いていました。 シリアルはFC4H******なので1994年8月製です。
他にPCDPはPZ-800しか持ってませんが、個人的には470がお気に入りです。
で、南野陽子のCDばかり聞いています...。
Posted by NazoManNobu at 2012年05月16日 02:01
NazoManNobu様はじめまして

コメントありがとうございます。

SL-S470とPZ-800をお持ちなのですね。
両機種ともに実力派の良い機種であると思います。

私の470はLなので12月出荷のものですが、ひょっとすると3415の在庫が足りなくなって後年の390系などに仕入れた分の1308をまわしたなんていう理由だったりするかもしれませんね。

TDA1308はかなり特徴的な音質傾向なので3415の個体と傾向差が出てきてしまいますが、もともとの機種としての実力があるおかげで両方とも全く聴いていて不足感はないことと思います。

私もアイドル歌謡やガールズパンクが殆どですが好きな人のCDを聴くのがやっぱり最高ですよね。
Posted by うきょうたかし at 2012年05月16日 22:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55825855

この記事へのトラックバック