2012年02月18日

OHM CDP-330M生産完了?


本日の持ち出し機種:Panasonic SL-S350改
本日の持ち出しCD :戸川純「東京の野蛮」



みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。

以前からホームセンターや家電量販店で見かける機会のあったオーム電機のポータブルCDプレーヤー、CDP-330M(約3000円)ですが、どうやら最近生産完了になったようです。
(公式のホームページや販売サイトから情報が消えている)

微妙なデザインや微妙なカラー(ホワイト・ピンク・ブルー)がなんとも購買意欲をそそらない機種で、いつも買おう買おうと思いつつ買わないでいたのですが、生産完了なら早期の確保が必要ですね。


本当は今回画像を用意したかったのですが所有していないということで文字のみで失礼しますが、オーム電機のCDP-330Mはこれまでも廉価機種を販売していたオーム電機の一番新しい型番であり、またSONY D-NE730/830完了後はKOHKA CDP-55S等と並び 貴重な LINE-OUT端子装備の現行機種でもありました。

この手の中国系廉価機種は総じてアナログアンプの単三駆動で、またそれぞれデザインや細かいところに難はありつつも音質面で見ればなかなかに実力派が揃ったものであり、PCDPファンとしては一寸したギャンブル要素はあれど是非押さえておきたいポイントであります。

そうでなくとも価格の面から、パソコンや圧縮音源、DAP等の扱いに慣れていない、またはCDを直接聴きますよというライトユーザーも購入するであろう、実に存続してほしいもののひとつだったんですね。


これがOEM元の変更または新ラインナップに、ということであればいいのですが、ポータブルCDプレーヤーのラインナップ自体をやめてしまうというのであれば、これもまた一つ残念なお知らせ、という事になってしまうのでしょうね。


OHM電機ダイレクト(CDP-330Mはなし)→http://www.ohm-direct.com/
スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
PCDP紹介→http://www.sutafuya.net/pcdp/pcdp.html (購入後に情報掲載予定)
posted by うきょうたかし at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | PCDP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54030039

この記事へのトラックバック