2011年04月09日

超小型・低背チップ電解対策



みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。

PCDPに使われているコンデンサの多くは7mmハイト品で、ちょっと薄い一部モデルでは5mmハイト品ですね。
高年式の超薄型機種ではさらに小型のチップタンタルが多く利用されていて、こちらはサイズ・性能は当然、電解コンデンサに比べても非常に長い期待寿命であり、特に経年劣化による交換などを考える必要がないわけです。

そのように考えてみると、前者は5mmハイト品のコンデンサがちゃんと入手できることや、大抵の機種には十分な内部クリアランスが有るということで特に問題はありません。


しかし、前者と後者の中間あたりの機種はどうでしょうか。

ちょうどSONYの98年〜00年あたりの機種がそうなのですが、なんとこれらには3.8mm〜4mmハイトの低背表面実装チップ電解コンデンサが使われています。

それも6.3V100uFや4V220uFが多く、松下KSシリーズや日本ケミコンKMGシリーズ、東信EC-FSシリーズなど簡単に入手できる小型品であってもまず入らない場合がほとんどです。

穴を開けたり線を引っ張って入ればそれで良いのですが、D-E808などの機種はコンデンサの真上にフィルムケーブルあって穴あけ作戦が通用せず、さらに線を引っ張っても入る場所は存在しません。


さてどうしましょう。

超小型チップ電解ですし、発売からの年数を考えてもそろそろ危ないものが出てきている頃です。
電解液を噴いたり基板を侵す前に対策したいところですが、どうしようにも入る電解コンデンサがない・・・

ここで後年の超薄型機に多く採用されているチップタンタルを使ってみるという方法があります。

20110409002.jpg

性能や特性に関してはそれほどマズイところはないでしょうから、大変効果的ではないかと思います。


私の手元にもSONY D-E770の例があります。

次の写真を見てください。チップタンタルも数多く有るなか4mmハイトのチップ電解が2個あります。

20110409001.jpg


これら表面実装のチップ電解を取り外すのは通常のラジアルリード品の取り外しに比べて大変難しく、ちょっと誤るとパターンを剥がしてしまう危険性が有るので細心の注意を払わなければいけません。

パターン破損に気をつけて取り外します。

20110409003.jpg


基板をキレイにしたらハンダ付けする前にチップタンタルがちゃんと取り付けられるサイズか確認してみましょう。同時に極性にも注意です。

そのまま取り付けできる場合はそのまま取り付ければ大丈夫です。
もし別の接点に接触してしまう場合やピッチが合わないという場合は、裏返したり線を引っ張ったりなどすれば大丈夫でしょう。
サイズが大変小さいのでどう配置しても蓋に干渉するようなことはないと思います。


ということで取り付けてみました。

どうです?まるで純正であるかのような自然さで、違和感は全くありません。

20110409004.jpg


問題なく動作していますね。チップタンタル作戦はこの機種に限らず多くの薄型機や、通常機種に対しても大変有効な方法の一つではないでしょうか。問題は価格くらいですね。

20110409005.jpg


単体での音質や光出力、薄型小型振りなどが際立つ大変優秀なPCDPにこういった小型低背チップ電解が使われていることが多くあり、その保守についてかなり頭を悩ませていた時期もありました。

なぜよりにもよって実力の高いPCDPに限ってこんな入手困難なものが使われているんだという感じですが、これでひとまずは安心ですね。


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
薄型機種の超小型・低背チップ電解対策→(後日ページ設置予定)
タグ:整備
posted by うきょうたかし at 23:31| Comment(9) | TrackBack(0) | PCDP
この記事へのコメント
せっかくコンデンサ交換したコイツですがフォンアウトは残念なんですよねぇ。
珍しくピッカピカの金メッキHP端子なんかおごっているくせに・・・・

今回は練習台になってもらいましたが、光出力が有るので今後使用機会が増えるかもしれない一台です。
Posted by うきょうたかし at 2011年04月10日 00:49
この記事を見て同じようなコンデンサを捨てようとしているマザーボード等から取っておこうと思ったのはたぶん僕だけですね。
Posted by とんかつ at 2011年04月13日 03:02
良いと思います!
つかえるものは骨の髄までしゃぶりつくそうじゃありませんか!!
Posted by うきょうたかし at 2011年04月14日 20:55
すみません。どうしてもメール送信時にエラーが出てしまうので、こちらから失礼します。

そして先日、地元のハードオフにてSONY D-NE820(ジャンク品)を1500円で購入しましたw

右京さんの2010MVP機種だけに、予想以上の高音質に驚きました!
 *購入時は右京さんのコメントなどを参考にさせていただきました。

この度メールを送りました理由は、このNE820のメンテナンスについて伺いたく、メールしました。
もし宜しければ、是非アドバイスを頂けると嬉しいです。

まずNE820の状態ですが、ハードオフのチェックでは「バッテリーが欠品しているため、電源部は未確認。
ACアダプターを使用しCD再生できました。」とコメントが書かれていました。
実際に購入後、自分でチェックしてみたところ、お店のコメント通りCD再生できました。

付属品はACアダプターとリモコンのみでした。05年製です。

一番気になった電池ボックス内の液漏れ跡ですが、目視確認した感じでは大丈夫そうでした。

右京さんのように、ネジを取りパネルを外して基盤や駆動部に付いているホコリを掃除してみたいのですが、一度ばらすと元に戻せなくなりそうで(汗)なかなか開ける勇気が出ません。
現状では動いている状態ですし、リスクを犯してまで内部のメンテナンスは行なわない方が良いのでしょうか?

あと一つ伺いたいのですが、単三電池を利用できる付属パーツの電池ボックスがありますよね。残念ながら、今回購入した付属品にはこれが含まれておらず、少々使いにくいのです。今後、他機種を購入しそれに付属している電池ボックスを、このNE820でも使用したいと考えていますが、NE820と同じ電池ボックスは、どの機種と同タイプなのでしょうか?ぜひ知りたいので、教えていただきたいと思います。
Posted by ライオン丸 at 2011年05月02日 18:31
コメントありがとうございます。

お手数おかけしてしまいどうもスミマセンでした。

D-NE820ゲット、オメデトウございます。

ボタンが押しづらいことを除けばデザインも音質も優れた優良機種の一つだと思います。
私も大好きでよく利用する一台です。


D-NE820の開け方自体はあまり難しいものではありませんが、自信があまり無いということでしたら見えるところによほど埃がつまっているような場合を除き開けないほうが賢明かもしれないですね。

一応あけ方については
http://www.sutafuya.net/ne820-3.html
で軽く紹介していますが、ツメや蝶番部分を壊してしまうと正常に利用が出来なくなる危険も伴うので要注意です。


D-NE820の単三電池ボックスはD-EJ2000などと恐らく同じものであると思います。
が、こちらも入手性はよくないように思います。

接続端子形状はD-EJ720/NE730/NE830用の単三電池ボックス(EBP-104)と同様なので流用は可能ですが、これにはネジがついていてサイズも変則的ということで少々わずらわしさがあります。
Posted by うきょうたかし at 2011年05月02日 19:27
早速の回答ありがとうございます!
なるほど、内部状況は気になりますが、やはり開けない方が良さそうです(汗)

もし開ける時は紹介ページを参考にさせていただきます。

電池ボックスについて詳しい情報を教えていただき、ありがとうございます☆
早速メモをとらせてもらいました。

時々お店に足を運んでチェックしたいと思います!
Posted by ライオン丸 at 2011年05月02日 20:42
すぐに見つかると良いですね!

純正のものは円筒形単三ボックスですが、実は私もまだ持っていないのです。

色々と探しているのですがあるのはEBP104ばかりでなかなか・・・

EBP104を使う場合は前述の通りネジなどが邪魔になるので本体に傷をつけないよう工夫が必要です。

純正ではないのでメーカー保証外にはなりますが、抵抗や昇圧・降圧回路などは入っていないので問題ないでしょう。


どうしても見つからずそれでも何とか単三用BOXが要るというのであれば、「単三1本用BOX+DCプラグ(マル信MP-121PS or MP-202)を買ってきて自作」ということも可能ではあります。
Posted by うきょうたかし at 2011年05月02日 21:21
純正は円筒タイプなんですね。
右京さんもまだ持っていない程のレアな商品なのですね。

なるほど!自作してみるって方法もありますよね。今の状態では、持ち運びながら聴くことができないので、自作のアイデアも検討していきます。

何度も親切な対応ありがとうございます。
Posted by ライオン丸 at 2011年05月03日 09:33
そうですね、あの手のスモールパーツはあまり出ないということもありますが、やはり僕の場合無くても良いということでそこまで本気で探していないこともあります。

もしあったとしても300円や500円だったら要らないや、ってなっちゃいます。


せっかくの小型薄型スタイリッシュな優良機種ですもんね。やっぱり持ち運んで使えないと面白さも半減ですよね。
Posted by うきょうたかし at 2011年05月03日 17:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44222808

この記事へのトラックバック