2011年03月09日

SONY D-223 変なノイズが出たので対策。

本日の持ち出し機種:SONY D-223
本日の持ち出しCD :中原めいこ「ロートスの果実」


みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。

結局僕の一番よく持ち出す機種として君臨し続けるD-223なのでした。
音よしデザインよし操作性よしの優秀機種ですから当然ですよね。


ところで最近になってコイツ、D-223(4)にへんなジリジリプチプチというノイズがのるようになりました。

ほかのオールド機でも以前同様の症状がありました。
これはいつもお世話になっているサイト様(ナショナルビデオ・Hi-Fiマックロードのページ http://nationalmaclord.web.fc2.com/index_html.html)のD-202修理項目に有るものと似たようなノイズでした。

この時点では特に気にしない限りはそれほど問題ない程度なのでアレですが、ほっといて大変なことになるのもイヤなのでさくっと対策しました。


所持他機種やSL-S500でDC-DCコンバータやレギュレータIC周りなど電源部のコンデンサがダメになっていて、そのためにおかしなノイズがのったり電源が入らなくなったり・・・ということがあったので今回もずばりそれだろうということで作業しました。

今回交換したものは緑色のHP端子横の25V3.3uFです。ルビコンの5mmハイト品を松下KS黒の新品に交換しました。
作業後はプチプチいう変なノイズがなくなり、D-223本来の音がよみがえりました。

20110309001.jpg

暫くしたらまた他の交換していないコンデンサー劣化により、トラブルが出る可能性は有りますが、まあそれはそのときに対処することにします。

しかしこんな単純なことでこうも蘇ってしまうのですから不思議なものです。


さっきこんなもの作ってみました。↓
20110309002.jpg

持て余している種類の電池や、バラセルで組電池を作ったりすれば寝かしている電池を有効活用したり、また省スペース化や高互換化、大容量電源など色々な可能性が広がります。


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
SONY D-223紹介→http://www.sutafuya.net/pcdp/d223.html
PCDP項目リニューアル作業は現在Panasonic SL-S138zまで完了しました。
タグ:DIY Discman 整備
posted by うきょうたかし at 02:27| Comment(2) | TrackBack(0) | PCDP
この記事へのコメント
こんにちは。
D-223は良い機種ですね。私もお気に入りの1つです。
地味に黒以外にピンクとグレーがあったようで密かに探してたりします。
しかし丈夫な方だと思っていましたがやっぱり経年には勝てないか…

こんな所で質問してしまってすみませんがD-EJ2000の光出力って光ケーブルを繋げると自動でラインから切り替わるのでしょうか?
リモコンで設定を探してみたのですが見つからないので…315円ジャンクだったので壊れてる可能性もあるかもしれませんが。
Posted by national_maclord at 2011年03月09日 21:38
コメントありがとうございます。

そうなんですよ、ほかの所持ディスクマン中でも無類のタフネスぶりなんですがついにヤレてきました。

D-EJ2000の光出力はそうですね、自動です。
なので光ケーブルをつなげばそれで音が出ますし、通常のステレオミニを繋げばそれで音が出ます。

端子部が汚れていると光出力のときに雑音が入るor音が出ないというような場合がありますが、掃除してやれば音は出ると思います。
Posted by うきょうたかし at 2011年03月09日 22:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43746862

この記事へのトラックバック