2011年02月24日

スタフ屋更新 電池端子修理項目追加



みなさんこんにちは、スタフ屋の右京崇です。
今回はスタフ屋のPCDPカスタム項目に電池端子修理の事例を二つ掲載したので報告します。


以前にも記事に書いていますが、機器に電池を入れっ放しにしていた為に電池端子が腐食したりというトラブルがしょっちゅうあります。

単三等の汎用電池使用機ですらそうなのですから、ガム電池や専用電池使用機ではもっとその可能性が高いわけです。

電池端子に不純物が付着している場合はそれを削り取れば大方解決しますが、最悪それでも通電不良が起きる、場合によっては端子が折れてしまう、なんてこともあります。

そのような場合は他からパーツを移植するか自分で作るかしないといけません。

一から自分で作る場合、手間が掛かったり無駄があったりと中々に難しいものです。
特にバネの部分や端子の突起を再現するのは実に面倒です。


そこで既存のパーツを使って賢く楽に修理してしまおうという事例が今回掲載したものになります。

ジャンク派のみなさんにはお馴染み、言うまでも無いような簡易事例では有りますが是非ご覧になってください。

ディスクマンの電池端子修理(SONY D-120)
http://www.sutafuya.net/pcdp2/d120-1.html
ポータブルCDプレーヤーの電池端子修理(KENWOOD DPC-551)
http://www.sutafuya.net/pcdp2/dpc551-1.html

若干停滞しているポータブルCDプレーヤー紹介項目一斉更新作業もまた進めていきます。


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
ポータブルCDプレーヤー紹介→http://www.sutafuya.net/pcdp/pcdp.html
ポータブルCDプレーヤーカスタム事例→http://www.sutafuya.net/pcdp/pcdpc.html
タグ:DIY 整備
posted by うきょうたかし at 04:01| Comment(6) | TrackBack(0) | PCDP
この記事へのコメント
もうPCDPは自分でなんとかするしかないので、修理の例はほんとに参考になります。自己責任で開けてたまたまうまくいったときはほんとにうれしいですよね。愛着がちがってきます。いつも楽しく拝見させていただいてます。
Posted by hiro at 2011年03月04日 00:50
コメントありがとうございます。

そうなんですよね。他の物でもそうですが完了してしまったものは自分で修理・調整するしか方法が無いんですよね。

中古購入時は汚くて動かなくても、ピカピカに清掃して調整して直ったときなどは新品で買って長く使っていたお気に入りのような思いになります。

大したことは書いていませんが少しでもお役に立てたのでしたら幸いです。

Posted by うきょうたかし at 2011年03月04日 01:40
最近パナの2つのpcdpが電池で動かなくなるのが発生しました。電池端子は見た目問題なく、電池入れっぱなしといっても3ヶ月に一回ぐらい使いきって取り替えているので、電池も液漏れなど全くないのですが。。。アダプタでは問題なく動くんです。かなり古いので(20年前)コンデンサとかですかね?しばらく電池を抜いておいて、新しい電池を買ったときに試しにいれてみたら、動いたりするんです。そして安心しているとまた動かなくなっていたり。。何か心当たりありませんでしょうか?端子は磨いて中の配線、ハンダとかも目で確認したけど、大丈夫そうなんですよ。
Posted by hiro at 2011年03月05日 02:55
コメントありがとうございます。

そうですね、その可能性が大いに考えられます。

ブログでも何度か取り上げていますが、ちょうど20年前のSL-S300/500/303/501C/505あたりの機種で私も同様の現象を多く目にしました。

ACアダプタや新しい電池でOK、でも充電池やちょっと使った電池ではNG、という場合はDC-DCコンバータチップ周り電源部分コンデンサが怪しいですね。

必ずしもそればかりではないでしょうが、私のこれまでの経験ではそのあたりのコンデンサ劣化の可能性が一番高いであろうと思います。
Posted by うきょうたかし at 2011年03月05日 21:07
ありがとうございます。電源部コンデンサですか。コンデンサ交換は私にとって未知の領域なので、折りをみて挑戦してみます。そのときにまた質問させてください。そのときは、(何ヶ月か先になりそう)よろしくお願いします。
Posted by hiro at 2011年03月05日 22:10
こんばんは。

古いものですから半田が溶けにくかったり、またパターンの細かい薄いプリント基板ということもあるので破損させないよう注意が必要です。

私もデッキの修理や改造でなれていたつもりでしたが、二度ほどパターンを破損させてしまった例があります。
Posted by うきょうたかし at 2011年03月06日 00:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43562821

この記事へのトラックバック