2011年02月03日

SL-CT520ディスク回転不良修理



みなさんこんにちは、スタフ屋の右京崇です。

基本的にはお気に入りの数機種ばかり使うのですが、たまにふと思い立って別の機種を引っ張り出して使ったりします。


で、こういうことがあるんですね。

ディスクが回らない・・・


これもよくあるパターンで、可変抵抗調整かコンデンサー交換でほとんどの場合は直るでしょう。
とはいえ、単に「暫く使っていなかったことによる気まぐれ」ということもよくあるので、ちょっと状態が変だったからといって早計は禁物です。

今回は4V入れたら普通に動くことや、しばらく通電して試してみても状況は変わらずということだったので、まあコンデンサーだろうと交換に踏み切りました。


20110203002slct520.jpg

このSL-CT520はホームページに改造事例を掲載している個体です。
(倍の1000uFとか突っ込んだから4V220uFなどに負荷が掛かってそれで今回のようなことに?)



そのときに手を付けなかった4V220uFが原因だと思いますが、ついでなんで4V47uFも交換しました。

20110203001slct520.jpg


交換の結果、以前の通り問題なくCD再生できました。

いやーそれにしても松下KSシリーズのコンデンサを買ってよかったですわ、もう大活躍ですよ。
共立さんにはこれからもずっと取り扱い続けて欲しいですね。


ところで今回気付いたのですが、高年式機種のハンダや基板状態が酷いこと酷いこと。

鉛フリー化などの影響ではないかと考えていますが、どれもこれもハンダは初めてって人の特に酷いほうの出来クラスですよ。基板もフラックスやヤニで汚いですし。

ハンダを扱える人は一度吸い取って基板を綺麗にしてから再ハンダしたほうがいいと思います。

そうした方が機器を長持ちさせることが出来るでしょうし、音質や駆動時間の改善にもつながると思います。


まあ機種や個体にもよるでしょうが、このSL-CT520はもともとこんな状態でした。

20110203003slct520.jpg


古い個体でハンダクラックやその他不良出てきているものはチラホラ有るでしょうが、この通り高年式の個体でも安心はできないようです。

本日のPCDP紹介ページリニューアルはありません。以降の更新をお待ちください。


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
ポータブルCD紹介→http://www.sutafuya.net/pcdp/pcdp.html
Panasonic SL-CT520紹介→http://www.sutafuya.net/pcdp/slct520.html
【PCDPの最新記事】
posted by うきょうたかし at 02:34| Comment(2) | TrackBack(0) | PCDP
この記事へのコメント
こんにちは。
うちでも久しぶりにS300を使ったら片方から音が出なくなっていました。
幸い接触不良なだけですぐ直りましたがやっぱり使ってやらないとだめですね…

そういえばS330Cも密かに3色バックライトのようです。
DOUBLE FLOATING MECHANISM搭載ははS505とS550Cくらいでしょうか。
車載用モデルは結構謎が多いですね。
Posted by national_maclord at 2011年02月04日 23:51
コメントありがとうございます。

そうですよね、たまに触ってやらないとふてくされるのか正常に動かなかったり・・・
たいした事ない場合がほとんどですけどやっぱり精神的に良くないです。

>そういえばS330Cも密かに3色バックライトのようです。

なんと。いまチェックしたところ確かにそうでした。
お気に入りでアレだけいじっているのに未確認でした。
いつもレジュームにあわせて動かさないんでアレでした。
まだまだ見落としている各機種のポイントがありそうです。


オイル+バネ+軸のゴージャス耐震仕様はごく一部だけのようですね。S180やS350のバネ仕様(ASP)ですら稀少種です。
Posted by うきょうたかし at 2011年02月05日 00:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43152506

この記事へのトラックバック