2010年12月15日

PHPA iBasso D12Hj を買いました

本日の持ち出し機種:SONY D-223
本日の持ち出しCD :PSY・S「アトラス」、早見優「ぼくらのベストDisc2」


みなさんこんにちは、スタフ屋の右京崇です。
ここんとこ寒いですねー。ほんとうに12月って感じですよ。

ところで本日はタイトル通りポータブルヘッドフォンアンプiBasso D12Hjを買ってきました。

20101215001d12hj.jpg

先日の横浜オフのアレもあって何か1台そこそこ良い感じのPHPAを持っておきたいなということと、無数にあるPCDPのうちフォンアウトがまるで役に立たない機種を生かすためにということで購入に至りました。

・・・・・・というかですね、もう買わなきゃいけない状況にあったんですよ。
光デジタルケーブルを買い、さらにはコチラ普段なら絶対に買わないフォンアウトがクソな機種を買ってきたんです。わざわざこれのために。
「この黒のD-EJ955をD12Hjとあわせたらスゲェカッコイイだろうな。」
って(笑)。

20101215004dej955.jpg

あ、NGとありますが、予想通りピックアップ移動用モーター死亡でした。
SONYの薄型機ってこればっかですね。


話がそれてしまいました。この機種を選んだ理由は、インプレス記事の紹介で目にしたときから気になっていたということもありますが、やはり光入力があり且つそこそこの性能と価格であるというところですね。

無数にPCDPを持っていて、すぐにでも光ポータブル環境が整う状況であったのにもかかわらず、他の方々にwithPCDPで先を越されていたことに触発された部分もあるんですけどね。


それでも3万円もするんで悩みどころだったのですが、
「コレ1台きり、気に入らなくても無理やりにでも気に入る!」
と考えてIYHですよ、アイワイエイチ。

20101215002d12hj.jpg

はい、早速ですが気に入りました。
まだER-4Sしか繋いでいないんでアレですが、ER-4Sが一番のメインイヤフォンなんでこれと合わせた時の音が気に入ればそれでよかったのですよ。

低域は芯が通り量が増し、ヴォーカルや弦の感じ・余韻は実に素晴らしく、高域も際立って良い感じになりました。すべての音を細部までとても綺麗に鳴らしてくれると感じました。
まあPHPAはコレしかないようなもんなんでアレですが・・・

南翔子さんなんかもう気持ち悪いほどゾクゾクするような感じになりましたよ。
たまらないですね。

低域はちょっと強すぎる感じもしますが、それでもかなり好きな音です。


光ポータブル環境でSONYのD-E三重苦やD-EJ苦しい午後のマイ評価が急上昇することを願っています。


あ、そうだ。ラメカラーエネループも買いました。
ニッカドばっかりでしかも無数に単三充電池あるんで要らないんですけどね。このラメカラーのシールだけ欲しいです。ニッカド電池にまいて使うんで(笑)。

20101215003eneloop.jpg


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
電池関連→http://www.sutafuya.net/batteries/index.html
PCDP紹介→http://www.sutafuya.net/pcdptop.html
タグ:D-EJ audio HPA
posted by うきょうたかし at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
光デジタルケーブルTweetを見て何買ったんだろう?っと、
思ってましたがPHPAでしたか。
色々PCDPと合わせて是非感想を。


ケーブル自作キットは明日到着です。
結構余分持って買ってしまったので売りつけたいですが、
L字コネクタじゃないのでポータブルじゃ邪魔になる思いますw
Posted by bukiyoubinbou at 2010年12月16日 22:17
こんばんは。コメントありがとうございます。

それがですね、L字が邪魔なんですよ(笑)。

PCDP側にストレートで飛び出る分にはいいんですが、角形のPHPA側がL字だと厚みが増してかばんに入れられなくなってしまうので。
横幅が増す分にはいいんですがね。

今のケーブル1mもあるんで是非ください。
Posted by うきょうたかし at 2010年12月16日 22:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42105872

この記事へのトラックバック