2010年08月07日

嘘みたいな電池残量トラブル SONY D-EJ2000



みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。

しばらく前にD-EJ2000をゲットしたことはこちらとツイッターでお伝えした通りですが、つい先日このD-EJ2000(1)(おやおやぁ?)がイキナリ怪しくなってしまったんですね。

フル充電の電池を入れてもすぐ「lo batt」表示が出てぜんぜん使えない、というものです。
単三ケースとアルカリ電池を使った場合でも、はじめから残量が1目盛りで、ちょっとスキップ・サーチをしたらこちらも同様に「lo batt」という状態でした。
ACアダプタ時には全く何の問題も無く動きました。


はっきり言って経験上これはかなりヤバイ状況の可能性が高いため、正直相当焦りました。
だっていいとこ4500円だって言っている私が5000円も出してゲットしたんですよ?
たった1,2週間やそこらでダメになられてはショックなんてもんではないです。100円や200円のジャンクならまだアレですけど・・・

フル充電の電池を入れても電源が切れたりなんだっていうのは、コンデンサーやその他パーツの劣化によるものが多いです。

ここでオールド機ならば可変抵抗調整や電解コンデンサーを交換といったことでたいてい直ってしまうものですが、これは薄型機であり、残念ながらそういうことができません。


「頼むからパーツ劣化だけはカンベンしてくれよ・・・」

これがもう本心でした。

ただ経験上その筈だと、大体分かっていたためもうげんなりしました。

そんな訳で開けたところで何も解決しないと、もうダメなんだろうなぁと思いつつも最後の望みを賭けてあけてみたのです。

やはり一見何もオカシイところはありません。
届いたその日に私が完璧に清掃しているのですから、美品中の美品ですよ。


基板を裏返して見てみました。やはり何もおかしなところがなさそうなので、とりあえず接点を改めて綺麗にしました。

20100807001dej2000.jpg


そこで気が付きました。

20100807002dej2000.jpg

みてください、メイン基板とサブ基板を繋ぐケーブルが微妙に傾いているといいますか、抜けかけているのです。

とはいえね、まーさーかこんなことであんなトラブルになるとは考えられないじゃないですか。
接触不良つっても、この程度なら全くウンともスンともいわなくなるか問題なく動作するかのどちらかだと思うんですよ。

別に接点に不純物が付着して抵抗が増大しているというわけではないので、高電圧でしか動かないなんていうトラブルはありえないはずなんですけどねぇ。


で、これをちゃんと奥まで差し込んでみました。といっても写真の下側がコンマ3ミリ奥まで入る程度のアレですよ?

・・・・・・はい。嘘みたいな話ですが完璧になりました。

開放1.20VのNi-Cdでも余裕で動き出す驚異の省電力振り。

なんなんでしょうね、こんなアナログ的なトラブルは。

いずれにしても深刻な問題ではなくて良かったです。

皆さんお持ちの機種も、このような形で同様のトラブルが発生している場合があるかもしれません。


やっぱり開けてみることは重要ですね。


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
SONY D-EJ2000紹介→http://www.sutafuya.net/pcdp/dej2000.html
マイツイッター→http://twitter.com/ukyotakashi
posted by うきょうたかし at 03:16| Comment(10) | TrackBack(0) | PCDP
この記事へのコメント
右京さんこんにちは

ビビリますね!状況が手に取るように分かります。

いや〜、それにしても無事で何よりです。

リボンケーブルって、あちこちの機種で、けっこう色々やってくれますよね…。

D-E700系やD-475系(水色のケーブル)などでも、差込みが少しでも緩いとボタン操作を一切受けつけず、「断線かっ?」と、血の気が引きます。

ほんとに無事で良かったですね!

Posted by うにゃ at 2010年08月07日 08:09
どうもこんにちはー。

はい、もうどうなることやらと思いましたよ。

D-475系といえば私もD-245を持っていますがアレもちょっとゆるいと不味いんでしょうね。

まさかって思うようなトラブルがありつつも、深刻なトラブルではなかったので本当に良かったです。
Posted by うきょうたかし at 2010年08月07日 12:34
こんばんは。
右京さまのテンションがジェットコースター並に乱高下した様子が伝わってきました。
直ってなによりです。
Posted by bogota at 2010年08月07日 22:00
こんばんは。コメントありがとうございます。

はい、ありがとうございます。

この個体は実は届いたときからかなり酷使されていたのが手に取るように分かる状態でして。

ピックアップのポイントなんかはもうギリなんですよ。

そういったこともあり、パーツ劣化という最悪の事例が頭をよぎってしまったんですね。
Posted by うきょうたかし at 2010年08月07日 22:42
こんばんは。ご訪問ありがとうございました。
…うちのDVDレコもエラーコード吐き出すようになったので中を見たら、SATAケーブルのコネクタが緩んでて、刺し直しで快調になったことを思い出しました…。こういう些細っぽいことが動作に重大な影響を及ぼすのが面白くもあり、腹立たしくもあり…(笑)すね。
Posted by mymy at 2010年08月07日 23:25
こんばんは、コチラこそ訪問どうもありがとうございます。

私はPCDPに限らず、昔からジャンクをイジって直したり改造したりするのが好きなんですよー。

本当にちっちゃなことで重大なトラブルになっていることが往々にしてあるのでアレですよね。
Posted by うきょうたかし at 2010年08月07日 23:37
私も同じトラブルでした。
このHP見て直したら・・・

おい!

って状況でした。

呆れるばかりですw
Posted by なかやま at 2012年01月17日 13:40
コメントありがとうございます。

やはり頻出トラブルのようですね。

何れにせよ正常に動作するようになって良かったですね。私も最初これになった時はどうしたものかと思いました。
Posted by うきょうたかし at 2012年01月17日 22:13
ありがとうございました。右京さんのこの記事で私のD-EJ2000復活致しました。感謝‼
Posted by かずひろ at 2013年02月10日 21:13
コメントありがとうございます。

いえいえ、拙記事ですがお役に立てたのでしたら幸いです。

それにしてもほんの僅かなのになぜこうしたLobattトラブルになるのか本当に不思議です。

設計上ケーブル長もギリギリでテンションが掛かっていますからあるいはこれによるサービス費回収を狙っているのか?とあらぬ疑いをかけてしまうほどです。
Posted by うきょうたかし at 2013年02月11日 01:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40023110

この記事へのトラックバック