2010年06月20日

トレードでゲット!SONY D-330 良機種!


昨日の持ち出し機種:SONY D-NE820 blue ほか
昨日の持ち出しCD :荻野目洋子「POP GROOVER」、杏里「THE杏里」ほか



みなさんこんにちは。スタフ屋のうきょうたかしです。

今回は昨日トレードでゲットしたD-330についてです。
こちら。すでに手持ちのD-321と並べてみたところです。(ゴメンナサイ、遊び心です。)

20100620001d330.jpg


20100620003d330.jpg


えー、こちら。D-330は1993年の発売のようですね。

デザインや質感などについては私好みで、大変格好良い機種です。
いつもお世話になっている方の日記(不器用貧乏メモ→http://d.hatena.ne.jp/bukiyoubinbou/)で紹介されていたような形で書くと、記事を書きやすいことが発覚。
そんなわけでちょっとD-321とも比べてみることにします。

ただ同じようなことになってしまうと色々ヤバイので素直に自分の感想を書きます。


まずこのD-330を聴いてみた印象はノイズが割合少ないということ。PCDPはノイズが大きいものも結構あるので、ここは見逃せないナイスなポイントです。

音質については普通です。
大事なものを頂いた手前アレなのですが、オールド機にしては若干物足りない感があるように思いました。

他機種に比べると全体的に音がたりないといいますか、弦の感じや楽器の感じもイマイチ伝わってきません。

あくまで一部のオールド機と比べて、です。D-330も当然のように十分以上の音質を誇っています。かなりシビアーに言っているだけです。

D-321と比べてみたらこのあたりの細かい違いはよく分かりました。D-321の方が全体的に力強く、楽器の感じもタップリです。
しかしD-321は相当ノイズが大きいんです。PCDP全体で見てもかなり大きい部類なので、クラッシックや静かな音楽を聴くのにはちょっと難がありますね。


さてD-330の音については、「D-321に比べて、ノイズをカットした代わりに幕を一枚かけたような音」っていうところでキマリですね。
両方お持ちの方はジャンルにより使い分けるのが吉だとおもいます。

デザイン・質感はこの通り素晴らしく、基本どちらを買っても損をすることは有り得ない音質があります。

巷じゃEJ2000だNE20だって言いますけどね、やっぱり時代はオールド機ですよ、オールド機。


〜おまけ〜

20100620002d330.jpg

ツートップ(W杯期間ということで)の各330です。左がSONY D-330、右が松下SL-S330Cになります。
何かにつけても松下機を出すのがなんだか僕のサイト・日記らしくてしっくりきます(笑)。


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
PCDP紹介ページTOP→http://www.sutafuya.net/pcdptop.html
SONY D-330紹介→(ページ設置後URL記載します。)
SONY D-321紹介→http://www.sutafuya.net/pcdp/d321.html
Panasonic SL-S330C紹介→http://www.sutafuya.net/pcdp/sls330c.html
posted by うきょうたかし at 23:11| Comment(7) | TrackBack(0) | PCDP
この記事へのコメント
右京さんこんにちは。

極上品のD-330ゲット、おめでとう御座います。D-321から多少機能を抑えた機種と言うポジションになりますか。私もD-321を持っていますが、D-330も精悍でシンプルで格好いいですね。当時のSONYは実にいいデザインをしています。

ところで、D-321をラインアウトで使って思ったのですが、DSPの切り替えがラインの音質にも関わってるんですよね。「ラインなんだから干渉しないでよ」と、多少疑問です。ヘッドフォン端子なら分かるんですが・・・。

それと、ラインアウトを繋ぐ相手方によっては音割れが出ますね。同機種の基板が三枚あるので入れ替えて見ましたが同じでした。この機種の特性なんでしょうか。

ちなみに、サンスイのプリメインに繋いだらOKでしたが、ソニーのアクティブスピーカーSRS-67に繋いだら割れました(笑)。この件はD-E880、D-E660でも発生したので、いずれスピーカーと一緒に品川SSに持ち込んでみます。

そんなこんなで色々あるオールド機ですが、世話が焼けるヤツほど可愛いから困ったもんです。
Posted by うにゃ at 2010年06月21日 07:24
追伸:音割れの件、前に書いていたらすみません。
Posted by うにゃ at 2010年06月21日 11:33
どうもです。

そうですね。ガッツリサウンドのD-321となめらかサウンドのD-330で、330は聴きやすいです。


D-321はDSPがラインに影響しますよね。SONYも松下も音響効果がライン端子に影響する機種はごく少数なので(通常は影響しないですよね。)、状況により良かったり悪かったりですね。私は厄介だと感じているんですけどね(笑)。どうせ使わないので・・・

あまり機器をお持ちで無い人なんかには良いかもしれませんね。グライコかまさなくても・・・っていうところで。

音割れは基板上のパーツ劣化や楽曲、機器の相性などいろんな要因で発生するしないが出てくることもあるので断言できないのですが、確かにD-321は割れやすいかもしれません。HP端子だと330より気になるものもありました。

SRS-37という67の下位機種を持っているのですが、割と録音レベルが高くてオーバーしやすい奴でも割れを確認できなかったのでまあパーツの問題や楽曲とのアレもあるのかもしれません。

そんなこんなで割れについてはよっぽどのことが無い限りは書かないことにしています。SL-S190はやばかったので書きましたが。


それでは失礼します。またコメントお待ちしています。
Posted by うきょうたかし at 2010年06月21日 21:06
やっぱりD-321と並べたくなりますよねw
D-321がノイジーなのは自分の所有機だけではなくて変に安心したり。

Sonyの金属系モデルは、基本的にどれもかっこいいですね。
音も良いものも多い気がするし、やはり気合入ってるのでしょうね。
そして大体お高い感じですがw
Posted by bukiyoubinbou at 2010年06月21日 21:46
どうも、このたびは色々とお世話になりました。

写真は悪ノリしました。

直接繋ぐと上位機種でも結構ノイジーな機種もあるので油断は出来ませんね。

D-321もD-330もポンと置いておくだけでさまになるので良いですね。
Posted by うきょうたかし at 2010年06月21日 22:48
またおじゃましました。私もD-321持ってますがSN悪いですよねー。古いたとえですけどカセットのDOLBY-Bよりちょい悪い感じです。(SN60dB以下?)当時の無理な集積化と低消費電力のせいなんでしょうかね。
Posted by mymy at 2010年08月07日 23:37
こんばんは。コメントありがとうございます。

そうですよね、ノイジーですよね。
据え置きの高級機器などを除き、取説の数字が全く信用ならない機種がたくさんあるように思います。
Posted by うきょうたかし at 2010年08月07日 23:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39064647

この記事へのトラックバック