2010年05月26日

修理ついでにSL-S350C 素直な優良機種



みなさんこんにちは、スタフ屋の右京崇です。
以前から目をつけていたSL-CT810を購入しにハードオフへ行ったところ、SL-S350Cがあったのでこっちを買いました。

動作確認のみの完全な新古品で、恐らく個人の電気屋さんだった人が倉庫から引っ張り出してきたものだったのでしょう。

そんなわけで、以前から持っていたSL-S350Cを引っ張り出して使ってみました。

20100526001sls350c.jpg


そしたら整備・コンデンサー数本交換までしていたのに不調でして・・・
開けると以前は大丈夫だったコンデンサーが怪しい感じになっていました。

電源部の2本がかなりやばかったので、ここを交換しました。KZEにしようと思ったのですが、1本しかなかったのでMUSE FGにしました。

交換後は以前より少し絞っても大丈夫でした。


このSL-S350Cは車載用ということで、ワイヤレスリモコンに対応していたり赤色LEDイルミネーションがあったりと、純粋に音質や電池の持ちを考えればマイナスなところがあります。

しかし、リモコンはともかくイルミネーションのような機能ってやっぱり良いもんですよ。実際それほど影響しているアレもないですし。

このSL-S350Cは性能的には他と同じような感じですが、聴いてみると非常に素直な音を出す優良機種であるということが分かります。

蓋や開閉機構はかなり貧弱な印象を受けますが、独特な雰囲気を醸し出す佇まいがGOODです。

ほかにもASPというバネ仕込みのトラバースユニットを搭載する豪華仕様であったりと中々の実力派機種であるため、かなり気に入っている機種です。


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
SL-S350C紹介→http://www.sutafuya.net/pcdp/sls350c.html
Panasonicオーディオ商品ライブラリー→http://panasonic.jp/support/product/audio/SL-S350C.html
posted by うきょうたかし at 22:10| Comment(2) | TrackBack(0) | PCDP
この記事へのコメント
おお、また手に入れられたんですね!
私の方は、今日偶然立ち寄った中古品屋でPanasonicのSL-S270、SL-S400をジャンクで捕獲して参りました。
驚いたことに、両方とも動作に問題ありませんでした。駄目だったら今後の修理の練習台にするつもりだったので、嬉しい反面、ちょっと拍子抜けです。
もっとも、SL-S400は蓋を固定する爪が破損していたので、再生を始めるまで手で押さえておき、始まったらHOLD-LOCKで蓋をロックしてしまうという使い方になりそうです。

PanasonicのCDプレイヤーは初めてですが、SONYとは完全に音の方向性が違うのですね。女性歌手モノは非常に気持ちよいですが、個人的にオーケストラはSONYの方が好きな鳴らし方をします。

どんどんこの世界にのめり込んでしまいそうですね〜。
Posted by もんちゅー at 2010年05月29日 21:09
こんばんは。
これでSL-S350Cは2台目になりますね。デザインやイルミネーションが好きです。

SL-S270とSL-S400を入手なすったんですね。
270は書いていませんがおすすめですよ。電源もしっかりしていますし、ユニットも中期SL-Sの樹脂レンズのものなので、CDR認識性能やシーク速度がガラスレンズ時代のものよりも優れています。

400はもっていませんが、600があるので雰囲気は分かりますよ〜。
蓋のツメが破損しているのは残念でしたね。

しかし練習台要員が良品っていうのは私もよくありますよ(笑)。大抵値段が1ランク安いので、改造要員になり、のちに常用機に昇格したものもあります。よく持ち出しているS230やS180などがそうです。


メーカー毎の音質傾向もありますし、機種ごとの味もまた感じられるので楽しいです。これはまあPCDPに限ったことではないんですけどね。
Posted by うきょうたかし at 2010年05月30日 19:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38535829

この記事へのトラックバック