2009年11月20日

秋月のHPAキット


本日の持ち出し機種:Panasonic SL-CT790 silver (車載)
本日の持ち出しCD :早見優「YU's GOODS」



みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。
今回は先日製作した秋月のHPAキットについて書きます。

20091117hpa001_01.jpg

わたくし実は今までHPAを殆ど持っていなかったんですよ。
基本的に部屋のオーディオはスピーカーで聴きますし、夜はPCDP+ヘッドホンで聴くので、そこまで必要性が無かったんですね。

マトモそうなものは値段が多少高いということもありました。

とはいえいろいろ見ていると据え置き型のとても良い奴からポータブルのものまでさまざまなものがあり、いろんな方が使用したり批評しているのを見て、欲しいなあという気持ちが日増しに大きくなりました。

そんななか先日「卓上オーディオ」さんのところで紹介されている秋月のキットを見てこれが無性に欲しくなりました。
性能どうこうじゃなしに、値段が安いことと簡単に組み立てられることが最大のポイントでした。

既製品はどうしても値が張るので高いお金を出してあまり気に入らなかったら嫌ですし、良いものを求めたらきりが無いのでやっぱり安いものから入門するべきだと考えました。

写真を見たらそれこそ「小学生の工作か」みたいなツッコミをされそうですけど、本当にこんなんなんですよ。
誰でも簡単に作れるので電子工作に慣れていない方にもオススメじゃないかと思います。

今回は家で使うことを考えて大きいケースを選びました。
あと工作に詳しい方はお気づきかと思いますが、LEDの穴が開いていません。私は青色LEDが大嫌い(前までは好きでした)なので、出したくなかったんですね。ほかの色のLEDを使えば良いのですが買うのを忘れてしまったので、スイッチ付きボリュームということもありまあ別に良いかなということにしました。

それにしても箱が大きすぎですけど、PCDPやCDケースの大きさになるべく近づけたいという考えからこの大きさを選んだので全く問題ありません。
因みに先日キットもう一つと小さいケースを買ったので、それを持ち運び用の奴にしたいと思っています。


肝心の内部の写真です。スタフ屋お約束のフルOSCON。実は今回SILMIC2αも考えたのですが、あまりにも高いのでやめました。

20091120hpa001_02.jpg

本来コンデンサーのリードはこんなに引っ張るべきではありませんが、やむを得ずこういう格好にしました。

それにしても本家サイト「スタフ屋」で紹介したPCDP改造のように、何か別の線をねじるような形ですれば良いのですが、今回は安さと手軽さがメインなのであまり面倒なことはしませんでした。


肝心の音質について、ほかに似たようなHPAが無いので比べようがないのですが、値段の割にはとても良いものなのではないかと感じました。というか、値段が値段だけに全く期待していなかったので気分的には相当なものでしたよ。

このレベルのキットとしては多少高い方(4200円)にはなりますが、コストパフォーマンスと実用価値は相当なものだと思いました。
それになにより組み立てやすさですね。
中学の技術でやる電子工作や小学生の木工よりよっぽど簡単です。


以前書いたようにPCDPを使うときにはそれぞれの音を堪能したいですし、そもそも必要ないことが多いですが、一部PCDPに使ってみて良い感じなのでHPAの世界に思いっきりはまってしまいそうです。

このキットのレベルですらこれですから、良いものは相当良いのでしょう。そら電源はもちろん回路やパーツもポータブル機器に入るものと違うわけですから当然といえば当然です。

またひとつ楽しみが増えました。本当、困ったものです。


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
SL-CT520コンデンサ交換→http://www.sutafuya.net/pcdp/slct520-1.html
秋月キット→http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-03016/
posted by うきょうたかし at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33745391

この記事へのトラックバック