2010年12月09日

2010年オレMVP-PCDPノミネート



みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。
いやー、風が冷たい一日でしたねぇ。

ところで2010年のオレMVP-PCDP選考に悩む毎日です。

ヘッドフォンやCD、機種をいろいろとっかえひっかえやっているとどれもこれも良いんで困っちゃいますね。

整備してリフレッシュした奴なんかは当然愛情ゲタなんかもありますし、それ以外でもその時々の気分によって変わってきたりします。


さて去年のMVPにはPanasonic SL-S30を選んだわけですが普通に行くと今年もこれになりそうな感じなんで、違う視点を含めて何機種かノミネートし、そこから今年個人的にイチバンだったPCDPを選んでみようと思います。
中身が似ているor同じ機種が有るものについては代表機種+系と表記しています。




まずはSONY D-NE820です。こちらは音質やデザイン等も大変好みの機種なのですが、今年イチバン多く外に持ち出した機種ということで選びました。
PCDPの本来の目的であるポータブルユースに活躍したわけですからね。
外に持ち出すということは当然小型薄型軽量、電池持続時間、操作性が重視されるわけです。
その点でこのD-NE820は何一つ問題が無く、しかも音質も文句なしということで2010年一番PCDPらしい活躍をした機種でした。




2つ目はSONY D-22です。この機種は2010年6月にゲットしたのですが、ずっと欲しかった念願の機種ということで選びました。
音質はもちろん文句などありません。この不思議なかわいさを持ったデザインも含めて大変素晴らしい機種であることに間違いはなく、ガチMVPの筆頭候補でもあります。
本当にオールド機の楽しさ・素晴らしさを改めて感じた一台でしたね。




3つ目はPanasonic SL-S330C系です。この機種は以前からも気に入っている機種ではありましたが、今年特に修理を要したりイジったりと手をかけた子でした。そんなわけで今年一番遊んだ・接した機種ということで選びました。
クリアーながらも芯が有る音が印象的な優良機種で、デザインも操作性もとても良いナイスガイです。
特にボリウムが前面にあるのは据え置いて使用する際に操作性が凄く良いのです。
こちらも持ち出し頻度が高い機種で、家でも外でも度々使用しました。




4つ目はお馴染みSONY D-EJ2000です。こちらは今年やっとゲットし、外にも多く持ち出し、家でも多く使いました。私だけでなく、万人がどんな場面で使っても満足できるオールマイティーな優秀機種ということで選びました。
小型軽量薄型・デザイン・駆動時間の優秀さは勿論、音質や操作性に至るまで妥協のない、まさにPCDP界の若きエースですね。(もう8年落ちですか・・・)
当然各分野でこれに勝る機種は沢山有るのですが、PCDPに求められる要素の全てをこれだけハイレベルに満足した機種というのは他にないですね。




5つ目はコチラ、Panasonic SL-S500系です。これはもうガチ候補です。
操作性が良く、薄く流れるようなデザインはとてもセクシーで、約20年前の機種ながら全く古さを感じさせません。
音質は下から上まで大変綺麗で伸びやか、広く各音がちゃんと潰れずに再現されています。どんな楽曲をどんなヘッドフォンで聴いても文句無しだと思います。
数値以上に薄く感じさせるセクシーで素晴らしいデザイン・操作性・音質などは駆動時間以外に非の打ち所が無く、松下PCDPの完成をここに見た!と心から思えた機種です。


どの機種もそれぞれ味があって素晴らしく、隠れ銘機的な奴もあったり自分の好みに合う奴もあったりと優秀機種揃いなんですよ。
大変悩む毎日ですが、今年は以上5機種の中からオレMVP-PCDPを選びたいと思います。

さてどの機種になるのでしょうかねぇ・・・あ、ここに無いアレもコレも良く感じてきた・・・


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
PCDP紹介→http://www.sutafuya.net/pcdptop.html
D-NE820紹介→http://www.sutafuya.net/pcdp/dne820.html
D-22紹介→http://www.sutafuya.net/pcdp/d22.html
SL-S330C紹介→http://www.sutafuya.net/pcdp/sls330c.html
D-EJ2000紹介→http://www.sutafuya.net/pcdp/dej2000.html
SL-S500紹介→http://www.sutafuya.net/pcdp/sls500.html
マイツイッター→http://twitter.com/ukyotakashi
posted by うきょうたかし at 00:50| Comment(2) | TrackBack(0) | PCDP