2010年06月20日

トレードでゲット!SONY D-330 良機種!


昨日の持ち出し機種:SONY D-NE820 blue ほか
昨日の持ち出しCD :荻野目洋子「POP GROOVER」、杏里「THE杏里」ほか



みなさんこんにちは。スタフ屋のうきょうたかしです。

今回は昨日トレードでゲットしたD-330についてです。
こちら。すでに手持ちのD-321と並べてみたところです。(ゴメンナサイ、遊び心です。)

20100620001d330.jpg


20100620003d330.jpg


えー、こちら。D-330は1993年の発売のようですね。

デザインや質感などについては私好みで、大変格好良い機種です。
いつもお世話になっている方の日記(不器用貧乏メモ→http://d.hatena.ne.jp/bukiyoubinbou/)で紹介されていたような形で書くと、記事を書きやすいことが発覚。
そんなわけでちょっとD-321とも比べてみることにします。

ただ同じようなことになってしまうと色々ヤバイので素直に自分の感想を書きます。


まずこのD-330を聴いてみた印象はノイズが割合少ないということ。PCDPはノイズが大きいものも結構あるので、ここは見逃せないナイスなポイントです。

音質については普通です。
大事なものを頂いた手前アレなのですが、オールド機にしては若干物足りない感があるように思いました。

他機種に比べると全体的に音がたりないといいますか、弦の感じや楽器の感じもイマイチ伝わってきません。

あくまで一部のオールド機と比べて、です。D-330も当然のように十分以上の音質を誇っています。かなりシビアーに言っているだけです。

D-321と比べてみたらこのあたりの細かい違いはよく分かりました。D-321の方が全体的に力強く、楽器の感じもタップリです。
しかしD-321は相当ノイズが大きいんです。PCDP全体で見てもかなり大きい部類なので、クラッシックや静かな音楽を聴くのにはちょっと難がありますね。


さてD-330の音については、「D-321に比べて、ノイズをカットした代わりに幕を一枚かけたような音」っていうところでキマリですね。
両方お持ちの方はジャンルにより使い分けるのが吉だとおもいます。

デザイン・質感はこの通り素晴らしく、基本どちらを買っても損をすることは有り得ない音質があります。

巷じゃEJ2000だNE20だって言いますけどね、やっぱり時代はオールド機ですよ、オールド機。


〜おまけ〜

20100620002d330.jpg

ツートップ(W杯期間ということで)の各330です。左がSONY D-330、右が松下SL-S330Cになります。
何かにつけても松下機を出すのがなんだか僕のサイト・日記らしくてしっくりきます(笑)。


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
PCDP紹介ページTOP→http://www.sutafuya.net/pcdptop.html
SONY D-330紹介→(ページ設置後URL記載します。)
SONY D-321紹介→http://www.sutafuya.net/pcdp/d321.html
Panasonic SL-S330C紹介→http://www.sutafuya.net/pcdp/sls330c.html
posted by うきょうたかし at 23:11| Comment(7) | TrackBack(0) | PCDP

トレードで我が家にD-330がやってきました。



みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。

昨日はとても楽しい一日でした。

水面下で行っていたトレード話がめでたく成立し(プロ野球風ないいまわし)、私の元にSONY D-330がやってきました。
いや本当に不釣合いなトレードを了承して頂き、有難うございました。

とても綺麗で状態が良く、見て良し聴いて良しの一台で大満足です。
お気に入りのひとつ、D-321と並べて写真を撮ってみようかと思います。(おやおや?)

また「スタフ屋」とこちらで紹介すると思います。


それにしてもヤフーオークションにはものすごい沢山出品されていますね。
どれもこれも欲しくなってくるのでかなーーり自重しなきゃいけないのですが。
しかし色々みているとなかにはビックリするようなものもありますね。
もちろんアレな意味で、です。

いやー、でも殆どが魅力的なものなので大変ですね。ゲイツちゃんみたいにお金があったらそれこそ全部掻っ攫いたいくらいです。
しかし金欠大明神なうなのです。


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
D-330紹介ページ→(ページ設置後URL記載します。)
posted by うきょうたかし at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記