2010年04月20日

PCDPのボリューム交換 その1


本日の持ち出し機種:Panasonic SL-S230改
本日の持ち出しCD :鈴木彩子「愛があるなら」



みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。
今日はこの雨の中パーツを買いに行ってきました。

しかし50kオームだけぜんっぜん有りませんでしたよ。
いくら安価とはいえおかしいなあと思っていたら、どうやらネットで好評のボリュームだったようで・・・

かろうじて2個確保出来たので、早速愛用SL-S180を分解!
まずは完成したものをご覧ください。

ジャーン!
20100420001sls180.jpg 20100420002sls180.jpg


ケースとか見栄えとかはどうでも良いやと、ぶっつけでやった割には意外と良い感じになっていませんか?

結果は大成功!
音質劣化や使用時のストレスを大幅に軽減することが出来ました。
純正ボリュームでは避けようのなかった、左右の狂い(位置によって片方だけ大きかったりという事がよくあるんですよ。)や上手いこと微調整できなかったりなどの諸問題が全てなくなりました。

非常に微妙な調整を行うことができ、左右のレベルもピッタリ。
さらに、ボリュームを上げたときの音のひずみやノイズもなくなりました。

能率の悪いヘッドホンだとボリュームを結構上げなければいけないのですが、純正ボリュームだと音が歪んだりノイズが出たりということがありました。

結果的に、携帯性を除く全ての面でよい結果が得られました。
据え置いてのみ使う個体やこだわりの一台に、あなたも試してみませんか?


手順や端子配列などの詳細についてはまた後日、本家サイト「スタフ屋」のほうでじっくり紹介したいと思います。

次回もボリューム交換記事ですが、今日のSL-S180とは違うボリュームがついている機種(SL-S160)をいじります。

単連ボリュームでの例はやらないかもしれません。
あれ・・・今回左右のチャンネル確認しなかったような気が・・・


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
PCDPのボリューム交換→
(サイト掲載後にURL記入します。)
posted by うきょうたかし at 23:44| Comment(4) | TrackBack(0) | PCDP