2010年02月22日

定番の優良機 SONY D-EJ700


本日の持ち出し機種:無し
本日の持ち出しCD :無し



みなさんこんにちは、スタフ屋の右京崇です。
今年は暖冬だなんていったのは一体誰なんでしょうね?いつまでたってもあったかくなりません。明日くらいからそろそろ暖かくなる感じでしょうかね?


今回はSONYのD-EJ700を紹介します。

この機種はあまり取り上げられる機会がないように感じますが、個人的にはとても気に入っている機種の一つです。

20100222dej700_07.jpg


2003年に発売したこの機種はガム電池2本で駆動する音楽CD専用機です。

性能や音質的に際立ったものがないためか、特定機種のようにちやほやされることはありませんが、これぞまさに定番というべき機種の一つです。

グレードとしては一番低い入門機の位置づけではありますが、PCDPに求められる全ての要素を良いバランスで満たしています。

小型薄型軽量であり、駆動時間も長く、操作もやりやすいです。さらに価格も安いです。

まさに定番ですね。これを買っておけば間違いないという機種の一つです。

ちなみに多くの機種とリモコン・トラバースの互換性があるので、中古で見つけた方は買っておいて損がありませんし、既にお持ちの方は故障時にもパーツが手に入るということで安心です。


私が特に気に入っているポイントはデザインと操作部です。

個人的に丸型の機種はあまり好まないのですが、これは非常に好みです。実に格好良いです。写真の銀色以外にも白・ピンク・青がありますが、黒系の色も出して欲しかったですね。

あと、丸型の機種は大抵丸型CDポーチに入ります。CDとともに持ち運ぶことができるので是非お試しください。
まあPCDPをお使いの方の多くはこれを既にやっているとおもいますので敢えて言う必要もありませんね。

操作部については本家サイト「スタフ屋」のほうでも書いていますが、再生/一時停止・スキップ/サーチをひとつのボタンで操作できるというところがとても良いです。勿論このスイッチが採用されている機種は他にもありますよ。

20100222dej700_06.jpg

お持ちの方は分かると思いますが、これは本当に便利です。
鞄に忍び込ませている際には特にこのスイッチの便利さを実感することが出来ます。
これ以降の機種でこのスイッチが廃止されてしまったことは残念でなりません。SONYさんには是非ともD-NE740/840を発売していただいて、このスイッチも復活させて欲しいものです。

あとこのころの機種は電池蓋に金属を採用していたり、そもそものボディ自体が頑丈に作られているということで、若干重量があります。
しかしこれがまた良いんですね。使えば使うほどにありがたみが分かります。
剛性や質感、使用感が本当にしっかりとしています。

持っていても使っていても満足できるものです。
やはり単純な性能以外でもこういったところにまで手を抜かないで作られている物こそが本当に良いモノなんだなあと改めて実感します。
特にポータブル機は多少の頑丈さがないと持ち運んだ際にすぐ壊れてしまいますからね。電車で押されて歪んだとかいったらもう目も当てられません。

上位機種のD-EJ800なんかはさらにしっかりしていますが、これはチョット重いですかね。


SONY D-EJ700は本当に定番の優良機です。数あるPCDPのなかでもこのD-EJ700のオールマイティーぶりは素晴らしいものがあります。

敢えて欠点をあげるとするならばメインで使用する電源がガム電池という点でしょうかね。単三電池を使用することも出来ますが、専用のバッテリーケースなり自作の電池BOXを繋がなきゃいけないということで、出先で電池が切れた場合は大変です。

まあ駆動時間が長いので問題ないでしょう。


それにしてもこのD-EJ700は良機種です。
驚くべき音質やゴージャスさはありませんが、PCDPとしてもっているポテンシャルは非常に高く、クセがない万人受けする機種です。
どんな使用状況においてもこれといった問題点は見られません。

ポータブルCDプレーヤー好きのわたくし右京崇が自信を持ってみなさんにおすすめできる機種がこのSONY D-EJ700ですね。


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/
D-EJ700紹介→http://www.sutafuya.net/pcdp/dej700.html
posted by うきょうたかし at 21:29| Comment(2) | TrackBack(0) | PCDP