2009年10月10日

中古CDショップの激減を憂う


本日の持ち出し機種:SONY D-NE820 Black
本日の持ち出しCD :赤痢「赤痢U」、南翔子「翔子ファンタジー」



みなさんこんにちは。スタフ屋の右京崇です。
わかっちゃいたことなんですがまさかここまでとは思ってなかったのでアレなのですけど、はやくもネタ切れ感が否めません。

でも数少ないPCDP情報発信源の一つだと考えているのでこの先マンネリ化してもがんばりますよ。

いきなりタイトルと違う内容で始まりましたことをお詫び申し上げます。
本日は中古CDショップの激減について書きます。

前々から感じていたことではありますが、流石に異常な状況になってきているので書かずにはいられなくなりました。

CDの売り上げが激減している昨今ですので、新品を取り扱うCDショップが姿を消すのはわからなくもありません。
しかし街を歩いていてこれほどまでに中古CDを販売する店舗が姿を消しているというのは信じがたいことですし由々しきことです。
今までよく足を運んでいたショップも次々と閉店しています。

インターネット販売や大手中古販売店などはそういった傾向が見られませんが、やはり実の店舗で(それも専門の)購入したいという気持ちが強いです。


なにもCDでなくたってインターネット配信とかがあるだろうなんて事を言う人が大勢居ますが、見当違いも甚だしいですね。


音質どうこうの話は言うまでもないのでここでは触れないことにして、中古音楽CDを私たちが必要とする最大の理由の一つについて書きたいとおもいます。
多くの中古CD(特に古い楽曲やマイナーなものなど)は必ずしも配信されているとは限らないんですね。それも配信されているようなものはメジャーであり、新品も中古も在庫が潤沢で極端な話いつでもどこでも手に入るといっても過言ではないようなものばかりです。

これはCD以外の世界でもそうですが、メジャーなものはどんどん次から次へとリメイクされたり再販されたり新たな規格でリリースされます。

しかしマイナーなものになればなるほどオリジナルしか存在せず、新たな形で発売されたりということがなくなる傾向にあります。
そんなの当然ですよ。(供給側が)売り上げが見込めない(と勝手に決め付けている)ものなどはそら新たに発売されたりしません。

販売店減少以前に供給レベルで既に問題が起きているわけですが、まあここは仕方ないとしましょう。

マイナーなものにも、というかこういったところにこそ素晴らしいものや貴重なものがたくさんたくさんあります。

そういった財産を残していくためには中古という形で販売する店舗が存在しないといけないわけです。
そこまで考えなくても古いCD作品を求めて中古CDショップへと足を運ぶ人はたくさん居るわけです。

多くのgood musicを多くのファンが求める。

ということは「中古CD」の需要は現在の新品CDの需要より多いはずなんですよ。そもそもの作品数自体多いわけですし。

何故需要があるのに店舗が姿を消すのか分からないんですよね。
それに中古CDショップが販売する商品の出所を考えればなおさら店舗減少に疑問が出てきます。

中古CDは流通在庫と所持者の手元にしかありません。
ということは例えばインターネット販売にしたって、販売する商品の在庫は所持者が実店舗に売りに来なければ確保できないわけです。

実店舗が減少しているということは即ち、売りに行く場所が減少しているということにほかなりません。

一番の問題はここなのです!

さっきも書いたように、中古CDは流通在庫と所持者の手元にしかありません。
もしも売りに行く場所がなくなってしまったらどうでしょうか。
持っている人はそのCDを手放すときに売りたくても売りに行く場所がないからと捨ててしまうかもしれません。
全ての人がインターネットオークションを利用しているわけではないので十分考えられる話です。

そうなるとただでさえ少ないものがさらに減少してしまうんですよ。

中古CDショップが減少したら買う場所も売る場所も在庫も無くなるという超悪循環に陥ります。

学生街や繁華街でも中古CDショップが減少しています。
こんなおかしいことってありますか?

そんなにみんなメジャーな音楽や配信楽曲しか聴かないものなのでしょうかね。


本日は長いうえにとてもまずい文章になってしまいました。
書きたい事がまだまだ沢山ありますし、もっと分かり易く書いて多くの人にこの憂うべき事実を知ってもらいたいという気持ちがあります。
また別の機会にしっかりと推敲を重ねて掲載するつもりでいます。


スタフ屋→http://www.sutafuya.net/

よく行くショップのうちWebサイトがあって且つ特に好きなお店です。レコファンはチェーンです。高田馬場店がなくなったのでこれからは池袋に行きます。
レコファン→http://www.recofan.co.jp/
タクト→http://www.tacto.jp/
posted by うきょうたかし at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽